ワントピ!

Just another WordPress site

other

犬の種類の大型犬でランキングが上位は何犬?人気が低い大型犬は?

投稿日:2019年6月15日 更新日:

犬の種類の大型犬において、人気ランキングの上位にくるのはラブラドールレトリバーです。性格は非常に温和で、とても賢い傾向にあります。

愛くるしい顔つきから、日本では大型犬の代表として幅広く支持されています。人間にもよくなつくので、一緒に遊んでいくうちに信頼関係を築き上げていくことができるでしょう。

一方で人気が低いのは、グレートデンです。大型犬の中でも体高が高く、敷地の狭い日本では扱いにくいという問題があります。

犬の種類の大型犬ランキング上位は何犬?

口を開けた大型犬

大型犬も犬の種類の中でも根強い人気がありますが、これから飼い始めたいと思っている時にランキング上位から探してみると決めやすくなります。

まず、ラブラドールレトリーバーは日本で圧倒的な人気を誇る犬の種類です。性格が優しく頭が良いため、飼い主にとっても穏やかな気持ちにさせてくれる魅力があります。

飼い主と遊べる時間を待っているので、散歩の確保が充分に出来るかどうかも考えてから決めましょう。次に、人気の犬の種類はゴールデンレトリーバーです。ラブラドールレトリーバーと同じく頭が良く、優しい性質をもっています。

ラブラドールレトリバーより被毛が長いので華やかな印象を与えてくれる大型犬です。そして、3番目に人気の犬の種類はバーニーズマウンテンドッグです。

愛嬌のある顔立ちなので、名前は知らなくても見かけたことがある大型犬だと思われるでしょう。ゆったりとした性質であり成犬になると風格さえ感じさせる落ち着きを見せるのが魅力です。被毛が長く抜け毛も多いのでブラッシングに充分注意をして下さい。

大型犬の中でも様々な犬の種類が居ますが、現在ではこの3つの種類が上位にランクインしています。これから大型犬を飼育したいという時の選択肢に入れて見てはいかがでしょうか。

犬の種類の大型犬でランキングが低い犬は?

30年ほど前は一軒家をマイホームとして購入し、庭に犬を飼うことが典型的な家族の幸せだと考えられていました。そのころは多くのマンションでペットを飼うことができませんでしたから、一軒家に大型犬というセットが一種のステータスになっていたからです。

しかし時代は変わり、大型犬は飼い主が若いときはいいですが、高齢になるとお世話をすることが負担になったり、治療や食事などでも経済的な負担がかかることから人気が下がっています。

マンションでペット可の物件も増えたことから、中型や小型犬の人気が上がってます。犬の種類の中で大型犬も多く、レトリーバーやシベリアンハスキーなどは人気がいまだに高いです。

しかし、ジャーマンシェパードやロットワイラーなどは一時的に人気があったものの現在は人気ランキングでは低くなっています。

これらの犬の種類は手に入れることが難しいので希少価値があるものの取得費用が高く、さらにしつけが必ず必要になること、そして運動が大好きなので毎日の長い散歩や走らせることが欠かせないためペットとして飼うには手間がかかることが原因です。

運動不足になってしまうと体調を崩しやすくなりますし、しつけは訓練所に入れなければ素人では難しいことから、ランキングが低いといえます。

犬の種類の大型犬でも毛色で人気があるのは?

大型犬の毛の色で人気があるものといえば、ベージュ系ではないでしょうか。ゴールデンレトリバーや秋田犬など、犬の種類を問わず大きく分けるとベージュ系にカテゴリー分けされる犬の種類は多岐にわたります。

優しい印象を与えますし、大型犬でも威圧感を覚えることなく過ごすことが出来るのも特徴です。

又、白の場合は汚れが目立ったり黒の洋服につくと目立ってしまうというケースがありますがベージュ系の場合はそれほど目立たないというメリットもあります。

もちろん、色によって健康面や可愛さに違いが出るわけではありませんが、毎日一緒に過ごす中で少しでも快適に過ごすことが出来るという意味ではベージュ系は根強い人気です。

大型犬といっても、黒や白や茶系など様々な色合いがありますが茶色からベージュの系統の色は世界中で人気があります。

色によって大きく人気が偏っているわけではありませんが、多くの犬の種類で見られる茶系統の毛の色は多くの人から受け入れられやすいと言えるのではないでしょうか。

これは、大型犬に限ったことではありませんし好みは分かれるところですがスタンダードで人気がある色合いという事では、白や黒よりもベージュや茶系が人気です。

犬の種類の大型犬でも毛色の人気が低いのは?

毛色の不人気に関しては、一律に述べることはかなり難しいです。基本的に、ペットショップなどで置かれている犬種は人気のものに限定されていて、不人気の毛色のものは置いていないからです。

また、大型犬の場合は毛色が限定されているケースも多くて、ほとんどの場合でその1種類の毛色しか存在しないケースも目立ちます。ゴールデンレトリバーやドーベルマンはその典型なので、小型犬と比較すると毛色での人気の違いはそれほど存在するわけではありません。

さらに、犬は毛色によって性格が異なる傾向が存在します。特に、トイプードルはこの傾向が強いことで知られています。例えば、犬の種類の中で小型犬は大型犬と比較して他の動物に吠える傾向が強いと考えられています。

これは、自分の体よりも大きな動物に対して警戒心を持ちやすい傾向が存在するからです。一方で、大型犬は一般的に性格が大人しい犬種が多く、気性の悪い犬は個体別に見ていかないと判別がつかない傾向が存在します。

ですから、毛色で不人気を決めるというよりも毛色による性格の違いで不人気になってしまうことはあります。この場合、大型犬の毛色の問題は個人的な好みの問題ですので、人気と不人気を判別することは非常に難しいです。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

犬のゲージを室内に配置するならどこ?トイレ別に配置した方がいい?

犬のゲージを室内に配置する時に一番気をつけることはその場所が快適かどうかです。直射日光が当たらず風邪通しの良い場所で、人通りのないゆっくりと落ち着ける場所に置きます。人が通らない場所といっても部屋の隅っこではさみしがったり水などがなくなっていても気づかないことがあるので、目につきやすいことがベストです。トイレはトイレトレーニングができていない時には緊急用にゲージの中に置いても構いませんが、トレーニングが完了した時にはトイレ別にして、眠る場所とトイレがはっきり分かれることが大切です。

おもちゃをくわえる犬

犬と遊べる施設で関東おすすめスポットはどんな施設がある?

犬と遊べる施設で関東のおすすめスポットの1つに、茨城県でキャンプが楽しめるフォンテーヌの森があります。此処はペットは無料で泊まることができますし、犬と一緒に自然の中で遊ぶことや自然の空気を満喫することができます。都心から1時間なので気軽に行けますし、キャビンタイプの施設だったらテントを準備する必要は無く手軽に楽しめます。犬はキャンプ場ではリードを付けてキャビン内ではゲージを使うことになります。バーベキューもでき、事前予約をすることで手ぶらでいってバーベキューを楽しむ事も可能です。

犬の年齢の平均寿命はどれくらい?長生きしてもらう方法はある?

犬種全体で見ると犬の平均寿命は13歳程度と言われています。犬種によって寿命は違い、一般に大型犬よりも小型犬の方が寿命が長くなる傾向があります。近年ではドッグフードの品質向上や動物医療の発展によって、平均的な犬の年齢は延びつつありますが、長生きをさせる方法を知ることでさらなる寿命の延長に期待ができるでしょう。例えばストレスを軽減してあげることが大切です。十分な散歩や飼い主との遊び、生活環境の改善などを心掛け、快適な暮らしを送れるよう配慮することが必要不可欠です。

家族

犬を飼う準備は室内か屋外かで準備するものや費用が大きく変わる?

室内飼いと屋外飼いを比較すると、室内の方が犬を飼う準備費用は高くなりがちです。理由は室内飼いの場合は準備すべき道具が多く必要になるからです。トイレシートやケージ、掃除用スプレーなどが必要となりますが、中でもコストが掛かるのがトイレ用品と言えます。消耗品ですので定期的な購入が欠かせずコスト増に繋がります。一方、屋外飼いの場合は、犬小屋やベッドなどを準備する程度に留まり、消耗品の購入も少なく、準備費用をはじめ継続的なコストの発生もしにくいです。

犬に噛まれたら何科を受診すべき?自分で出来る処置は何がある?

万一、犬に噛まれたら応急処置として水でよく流すようにしましょう。血が出ており止まらない場合は、患部を圧迫して止血を行います。病院を受診する場合は救急外来、もしくは外科系の一般外来へ行くと良いでしょう。狂犬病のリスクも考え、軽い咬傷でも自己判断をせずに病院へ行くことが大切です。事故扱いでもあるため警察にも報告を行い調書を取ってもらうようにしましょう。また、病院で治療で受けた後は地域を管轄する保健所への連絡も必要です。