ワントピ!

Just another WordPress site

other

犬の病気の皮膚病は脱毛が関係してる?皮膚病に効果抜群の薬とは?

投稿日:2019年6月15日 更新日:

犬の病気の一つには、皮膚病が挙げられます。主な皮膚の異常としては抜け毛が多いことが挙げられます。

脱毛は通常でもみられることですが、量があまりに多すぎる場合には皮膚病を疑って獣医などにみせておくことは重要です。

もしも皮膚病にかかっていることが診断された場合には、薬物を使用して治していきます。ただ、脱毛の種類によって有効な薬が変わってくる面があるため原因を特定することが大事でしょう。

皮膚に効果抜群となる薬は、ホルモンがないのであればホルモンを外から投与したり、あるいは漢方を利用すると良いとされています。

犬の脱毛が酷い時は病気の可能性がある?

犬の毛

皮膚病は、犬に対して発症する代表的な病気であるため酷いときは病気である可能性を疑う必要があります。ただ、基本的に犬は体毛が抜け落ちる季節が存在しますので、犬種によっては脱毛を確認できたとしても犬の病気に繋がる可能性が低いものも存在します。

こういった見極めは、素人には難しいので怪しいと感じた時点で病院に行ったほうが賢明です。まず、犬の病気の中でも特に素人が判断できない症状として遺伝的な脱毛が存在します。

犬は、いくつかの犬種を配合して作られてきたという背景が存在しますので、その過程で遺伝的に脱毛がしやすい犬種が存在します。

遺伝的な性質が存在する場合には、現在の医学的な観点からもはっきりとした治療法が存在しないケースもあるため、医師などに相談をして最も適切な対策を行う必要があります。

また、もう一つ皮膚病の重要な症状としてはストレスがあります。犬も人間と同様に、過度なストレスを受けると脱毛症を確認できます。

犬の場合は、ストレスを過度に受け過ぎるとそれが体にまで大きな影響を与えて皮膚病に似た症状になってしまう可能性もあります。

ですから、単純な皮膚病ではないと判断できるケースではすぐに症状を確認してもらう必要性が存在します。

犬の皮膚病と脱毛は関係あるの?

犬の皮膚から生えている体毛は他の哺乳類と同じ仕組みで生え替わりますが、脱毛をする場合は人とは異なり原因不明であることが少なくありません。

そして皮膚から生えている毛であっても、皮膚以外が原因となることもあり得ます。ホルモン異常も脱毛を引き起こす原因のひとつで、身体のメカニズムの面から毛に影響を与えます。

その他にも皮膚ではなく毛が生える仕組みの方がダメージを受けても、しっかりと根付くことができずに抜けてしまいます。犬の病気の中で皮膚に悪影響を与えるのは、アトピーや菌の感染など様々です。

いずれも皮膚が弱くなると脱毛を引き起こすことがあります。また皮膚病は、間接的な脱毛に繋がる場合もあります。皮膚病になるとかゆみを伴う場合が多く、犬は自分で掻いたり舐めるなどで刺激を与えるようになります。

そうなると比較的健康な毛も抜けるようになり、見た目にも影響を与える上に、健康的にも良くありません。なのでかゆみの元である皮膚病を早い段階で抑えてあげなければなりません。

これらの脱毛症には集中する部位や、左右非対称や円形などある程度の法則が見られます。それを専門家が診ると、形から原因を突き止められる場合もあります。

犬の皮膚病に効果のある薬は?

犬の病気の代表的なものに皮膚病があります。犬の病気の場合、人間のように口に出してどこがかゆいのか、など言えないため機嫌が悪くなったり、どこかにこすりつけたりする行動がみられるようになります。

いつもと違う様子が見られたら、何が原因になっているのか、どこか皮膚病になっていないかをチェックすることが大切になります。

犬の病気である皮膚病は大きく分けてアレルギーと、感染症があります。細菌などに感染している場合はその原因を取り除いてから治療を始めます。

しかし、アレルギーであっても感染症であってもまずかゆみを取り除かないとさらに炎症が悪化してしまうので、かゆみをとる治療も並行して行われます。

かゆみをとる薬には、ステロイド剤や新しい薬であるオクラシチニブ、犬のアトピー性皮膚炎に効果のあるシクロスポリン剤や犬インターフェロンγが使われます。

ステロイド剤は経口と外用がありますが、主に使われるのは外用薬で、スプレータイプのものを使用します。スプレーであるので、直接炎症が起きているところにさっと使うことができるのも利点となっています。

オクラシチニブは、ステロイド剤に比べて副作用がなく早く効く他、長期に渡って使用することのできる薬でもあります。犬アトピーだけでなく、食物アレルギーなど様々なアレルギー疾患に効果のある薬となっています。

犬が皮膚病にかかる原因で考えられるのは?

犬には皮膚の疾患がとても多く発生します。特に多いのが、細菌感染が原因の膿皮症です。この膿皮症は再発を繰り返す犬がいるので、問題になります。再発を繰り返す場合には、基礎疾患の追及がぜひ必要です。

また特に最近はアレルギーが関与した、皮膚病が多くなっているのです。その他、数はそれほど多くありませんが成犬になってから発症する皮膚病に、ホルモンが関与したものがあります。

アトピー性皮膚炎は、人でも最近とても重要視されている皮膚の疾患ですが、犬でもその発生数が増加している重要な犬の病気です。一度発症したらほとんど生涯にわたって付き合っていかなければならない、厄介な疾患です。

6か月から3歳の間に発症するケースが多いと考えられており、早い犬では生後数か月のうちに皮膚のかゆみを訴え後ろ足で掻いたり、舐めたり、かじったりあるいはほかのものにこすりつけたりといった、態度を示すようになります。

最初は季節性にかゆみを示し、最終的には通年性になってしまう犬と、最初から通年性に症状を示す犬があります。アトピー性皮膚炎の犬では、時に皮膚にはっきりとした湿疹などの病変ができているわけではなく、全体に少し赤いだけという時もあります。

一般的に皮膚病の時には、特に目立った湿疹もない皮膚をかゆがるわけですが、特に目立った湿疹もない皮膚をかゆがるというのもアトピー性皮膚炎の一つの特徴です。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

犬の血便はストレスが原因だった?嘔吐や食欲不振が続くと危険?

犬の排泄物は、健康を知るためのバロメーターとも言われています。では犬の血便は、何を意味しているのかというとストレスを感じていることが原因です。人間も肉体が精神に影響されることがありますが、犬も同様です。過度のストレスで胃や腸などの消化器官に問題が出てくる事がよくあります。ですから、犬の血便だけでなく、嘔吐や食欲不振といった症状もストレスを感じているサインとして考えられるので、長く続いているときには治療が必要な状態に陥っているかもしれません。すぐに病院で獣医師に診てもらうべきです。

寝る犬

犬が吐く原因はエサ?黄色や茶色の嘔吐物は病気の可能性あり?

犬を飼っていてびっくりするのが、意外と吐くことが多いという事です。具合が悪いのではないかと心配になってしまいますが、中には心配がないこともあります。犬が吐く原因にはエサを急いで食べたり、食べ過ぎや空腹によるものもあるからです。その後元気にしているなら心配は少ないでしょう。嘔吐物を見てみて、黄色や茶色になっているなど異変を感じるようであれば病気の可能性もありますので、動物病院に相談してみるのが良いでしょう。

犬の服のブランドで人気があるのは?有名ブランドのコラボもある?

犬の服のブランドで人気があるのが、有名ブランドとのコラボの製品です。シュプリームというストリートブランドと、ヴィトンがコラボレーションした製品はすぐに完売になってネット上でも高額で取引されています。人気があるブランド同士が協力し合って作りあげた製品で世界中の富裕層の間で人気を博しているのが特徴です。犬の服のブランドだけでなく、通常犬の服を作っていないメーカー同士がコレボレーションしているケースも多く見られます。

犬と子供

犬が手をナメる理由や噛む行動は飼い主への愛情表現って本当?

犬が飼い主を甘く噛むとか犬が手をナメる理由は愛情表現だと言われています。もちろんその行動には愛情表現ということもありますが、赤くなるまで自分の足をナメているようなときは、構って欲しいということも考えられます。また退屈しのぎにそんな行動を取ることもあります。でも心配なのは体の何処かが痛いとか痒くてナメていることもありますので、ずっと同じ場所をナメているときは、一度そこに異変がないか確認するようにしてください。

家族

犬を飼う準備は室内か屋外かで準備するものや費用が大きく変わる?

室内飼いと屋外飼いを比較すると、室内の方が犬を飼う準備費用は高くなりがちです。理由は室内飼いの場合は準備すべき道具が多く必要になるからです。トイレシートやケージ、掃除用スプレーなどが必要となりますが、中でもコストが掛かるのがトイレ用品と言えます。消耗品ですので定期的な購入が欠かせずコスト増に繋がります。一方、屋外飼いの場合は、犬小屋やベッドなどを準備する程度に留まり、消耗品の購入も少なく、準備費用をはじめ継続的なコストの発生もしにくいです。