ワントピ!

Just another WordPress site

other

犬の病気の皮膚病は脱毛が関係してる?皮膚病に効果抜群の薬とは?

投稿日:2019年6月15日 更新日:

犬の病気の一つには、皮膚病が挙げられます。主な皮膚の異常としては抜け毛が多いことが挙げられます。

脱毛は通常でもみられることですが、量があまりに多すぎる場合には皮膚病を疑って獣医などにみせておくことは重要です。

もしも皮膚病にかかっていることが診断された場合には、薬物を使用して治していきます。ただ、脱毛の種類によって有効な薬が変わってくる面があるため原因を特定することが大事でしょう。

皮膚に効果抜群となる薬は、ホルモンがないのであればホルモンを外から投与したり、あるいは漢方を利用すると良いとされています。

犬の脱毛が酷い時は病気の可能性がある?

犬の毛

皮膚病は、犬に対して発症する代表的な病気であるため酷いときは病気である可能性を疑う必要があります。ただ、基本的に犬は体毛が抜け落ちる季節が存在しますので、犬種によっては脱毛を確認できたとしても犬の病気に繋がる可能性が低いものも存在します。

こういった見極めは、素人には難しいので怪しいと感じた時点で病院に行ったほうが賢明です。まず、犬の病気の中でも特に素人が判断できない症状として遺伝的な脱毛が存在します。

犬は、いくつかの犬種を配合して作られてきたという背景が存在しますので、その過程で遺伝的に脱毛がしやすい犬種が存在します。

遺伝的な性質が存在する場合には、現在の医学的な観点からもはっきりとした治療法が存在しないケースもあるため、医師などに相談をして最も適切な対策を行う必要があります。

また、もう一つ皮膚病の重要な症状としてはストレスがあります。犬も人間と同様に、過度なストレスを受けると脱毛症を確認できます。

犬の場合は、ストレスを過度に受け過ぎるとそれが体にまで大きな影響を与えて皮膚病に似た症状になってしまう可能性もあります。

ですから、単純な皮膚病ではないと判断できるケースではすぐに症状を確認してもらう必要性が存在します。

犬の皮膚病と脱毛は関係あるの?

犬の皮膚から生えている体毛は他の哺乳類と同じ仕組みで生え替わりますが、脱毛をする場合は人とは異なり原因不明であることが少なくありません。

そして皮膚から生えている毛であっても、皮膚以外が原因となることもあり得ます。ホルモン異常も脱毛を引き起こす原因のひとつで、身体のメカニズムの面から毛に影響を与えます。

その他にも皮膚ではなく毛が生える仕組みの方がダメージを受けても、しっかりと根付くことができずに抜けてしまいます。犬の病気の中で皮膚に悪影響を与えるのは、アトピーや菌の感染など様々です。

いずれも皮膚が弱くなると脱毛を引き起こすことがあります。また皮膚病は、間接的な脱毛に繋がる場合もあります。皮膚病になるとかゆみを伴う場合が多く、犬は自分で掻いたり舐めるなどで刺激を与えるようになります。

そうなると比較的健康な毛も抜けるようになり、見た目にも影響を与える上に、健康的にも良くありません。なのでかゆみの元である皮膚病を早い段階で抑えてあげなければなりません。

これらの脱毛症には集中する部位や、左右非対称や円形などある程度の法則が見られます。それを専門家が診ると、形から原因を突き止められる場合もあります。

犬の皮膚病に効果のある薬は?

犬の病気の代表的なものに皮膚病があります。犬の病気の場合、人間のように口に出してどこがかゆいのか、など言えないため機嫌が悪くなったり、どこかにこすりつけたりする行動がみられるようになります。

いつもと違う様子が見られたら、何が原因になっているのか、どこか皮膚病になっていないかをチェックすることが大切になります。

犬の病気である皮膚病は大きく分けてアレルギーと、感染症があります。細菌などに感染している場合はその原因を取り除いてから治療を始めます。

しかし、アレルギーであっても感染症であってもまずかゆみを取り除かないとさらに炎症が悪化してしまうので、かゆみをとる治療も並行して行われます。

かゆみをとる薬には、ステロイド剤や新しい薬であるオクラシチニブ、犬のアトピー性皮膚炎に効果のあるシクロスポリン剤や犬インターフェロンγが使われます。

ステロイド剤は経口と外用がありますが、主に使われるのは外用薬で、スプレータイプのものを使用します。スプレーであるので、直接炎症が起きているところにさっと使うことができるのも利点となっています。

オクラシチニブは、ステロイド剤に比べて副作用がなく早く効く他、長期に渡って使用することのできる薬でもあります。犬アトピーだけでなく、食物アレルギーなど様々なアレルギー疾患に効果のある薬となっています。

犬が皮膚病にかかる原因で考えられるのは?

犬には皮膚の疾患がとても多く発生します。特に多いのが、細菌感染が原因の膿皮症です。この膿皮症は再発を繰り返す犬がいるので、問題になります。再発を繰り返す場合には、基礎疾患の追及がぜひ必要です。

また特に最近はアレルギーが関与した、皮膚病が多くなっているのです。その他、数はそれほど多くありませんが成犬になってから発症する皮膚病に、ホルモンが関与したものがあります。

アトピー性皮膚炎は、人でも最近とても重要視されている皮膚の疾患ですが、犬でもその発生数が増加している重要な犬の病気です。一度発症したらほとんど生涯にわたって付き合っていかなければならない、厄介な疾患です。

6か月から3歳の間に発症するケースが多いと考えられており、早い犬では生後数か月のうちに皮膚のかゆみを訴え後ろ足で掻いたり、舐めたり、かじったりあるいはほかのものにこすりつけたりといった、態度を示すようになります。

最初は季節性にかゆみを示し、最終的には通年性になってしまう犬と、最初から通年性に症状を示す犬があります。アトピー性皮膚炎の犬では、時に皮膚にはっきりとした湿疹などの病変ができているわけではなく、全体に少し赤いだけという時もあります。

一般的に皮膚病の時には、特に目立った湿疹もない皮膚をかゆがるわけですが、特に目立った湿疹もない皮膚をかゆがるというのもアトピー性皮膚炎の一つの特徴です。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

寝る犬

犬が吐く原因はエサ?黄色や茶色の嘔吐物は病気の可能性あり?

犬を飼っていてびっくりするのが、意外と吐くことが多いという事です。具合が悪いのではないかと心配になってしまいますが、中には心配がないこともあります。犬が吐く原因にはエサを急いで食べたり、食べ過ぎや空腹によるものもあるからです。その後元気にしているなら心配は少ないでしょう。嘔吐物を見てみて、黄色や茶色になっているなど異変を感じるようであれば病気の可能性もありますので、動物病院に相談してみるのが良いでしょう。

犬の種類の小型犬でランキングが上位は何犬?人気が低い小型犬は?

小型犬は体型が小さいこともあり、外で鎖に繋いで飼うよりも家の中で飼うことができる犬の種類です。なかでもランキングで上位にくるのはトイプードル・シーズー・チワワで、室内犬の定番とも呼ばれるべき存在になります。逆に人気が低いのは、フレンチブルドックやパグで見た目のスマートさや可愛さがあまり見られないからです。ただ人気は飼いやすい性格の犬の種類が好まれるのも事実で、ミニチュアダックスフントが躾を上手にしないと凶暴さが残るので、見た目の良さよりも人気が低いこともあります。

ギネスのロゴマーク

犬の年齢でギネス世界記録に載っている長寿犬の年齢や犬種とは?

ギネス世界記録に登録されている長寿犬は、オーストラリアのビクトリア州で牧羊犬として生きたオーストラリアン・キャトル・ドッグのブルーイとなります。オーストラリアン・キャトル・ドッグという犬種は特殊な牧羊犬で、牛の誘導を主にしているのが特徴的です。通常、この犬の年齢は13歳から15歳までが寿命とされています。ブルーイは1910年から1931年までの記録があるため、年齢は29歳と5か月という長生きぶりです。

犬のできものでピンク色は病気?黒や白いできものは膿が溜まってる?

犬のできもので皮膚の病気にいぼや突起上の腫瘍のようなできものを目にすることが有りますが、ピンクで1㎝以内の場合は良性なので心配有りませんが、大きくなっていく場合には獣医さんの診察を受けましょう。黒や白い犬のできものは、普通のイボ(良性)と悪性の腫瘍も考えられますので獣医の診察を受けることが重要です。犬が痒くてひっかいたり、なめたりして細菌が入り膿が溜まったり、その部分から出血する場合も有りますが、この場合はひどくなる前に治療をすれば、短期間で治すことが出来ます。

おもちゃをくわえる犬

犬と遊べる施設で関東おすすめスポットはどんな施設がある?

犬と遊べる施設で関東のおすすめスポットの1つに、茨城県でキャンプが楽しめるフォンテーヌの森があります。此処はペットは無料で泊まることができますし、犬と一緒に自然の中で遊ぶことや自然の空気を満喫することができます。都心から1時間なので気軽に行けますし、キャビンタイプの施設だったらテントを準備する必要は無く手軽に楽しめます。犬はキャンプ場ではリードを付けてキャビン内ではゲージを使うことになります。バーベキューもでき、事前予約をすることで手ぶらでいってバーベキューを楽しむ事も可能です。