ワントピ!

Just another WordPress site

other

犬の年齢の平均寿命はどれくらい?長生きしてもらう方法はある?

投稿日:2019年6月15日 更新日:

犬種全体で見ると犬の平均寿命は13歳程度と言われています。

犬種によって寿命は違い、一般に大型犬よりも小型犬の方が寿命が長くなる傾向があります。

近年ではドッグフードの品質向上や動物医療の発展によって、平均的な犬の年齢は延びつつありますが、長生きをさせる方法を知ることでさらなる寿命の延長に期待ができるでしょう。

例えばストレスを軽減してあげることが大切です。十分な散歩や飼い主との遊び、生活環境の改善などを心掛け、快適な暮らしを送れるよう配慮することが必要不可欠です。

犬の年齢は犬種によって平均寿命が変わる?

寝そべる犬と少年

犬の年齢は、犬種によってかなり異なるというデータが存在します。大まかに述べると、小さな犬種ほど長生きできる傾向が存在し、大きな犬種ほど短い寿命になってしまう傾向があります。

一般的に、犬の寿命は人間の寿命の約5倍から7倍程度の速度で進んでいくと考えられています。もちろん、育てってきた環境や食事の影響なども存在しますが、普通に育てられてきたケースでは平均的な寿命がある一定の統計的なデータに落ち着く傾向があるのも事実です。

例えば、人間の年齢で比較すると小型の犬に関しては10歳に到達すると人間換算で約55歳から56歳程度であると考えられています。反対に、大型の犬の場合は同じ10歳でも人間の約75歳程度に相当します。

つまり、小型犬の方が明らかに長く生きられることがわかります。こういった統計的なデータの違いは、より小さい小型犬で顕著になります。

実際に、平均寿命で最も長いと考えられているのが、とても小さなマルチーズという犬種で15歳程度は生きられるとされています。大型犬の15歳を人間の年齢で換算すると、約110歳にもなってしまいます。

この点からも、大型犬は小型犬と同等に生きていくことが難しいということがわかります。

犬の小型犬・中型犬・大型犬の平均寿命は?

愛犬家の殆どが、大切な犬とはできるだけ長く一緒にいたいと考えるものです。ただ、犬にも寿命があり、平均寿命の犬の年齢は、大きさによって異なってくるものであります。

小型犬の平均寿命は10歳から13歳といわれ体が小さい割には比較的長く生きるのが特徴です。ただ、改良や交配を重ねた品種というのは病気に弱く平均よりも寿命が短くなってしまうのが特徴であります。

それでも、小型犬の場合には室内で飼うことを前提としているため、室内犬の場合は平均よりも長く生きる傾向が強いです。他方で、中型犬は小型犬に比べて平均寿命が長く、15年前後です。雑種犬や柴犬の場合はさらに長く、17年以上生きる長寿犬と言われている品種です。

環境に対する耐性が強く、小型犬のような無理な交配が行われていないことも長生きの理由となっています。意外なことに、大型犬の平均寿命が一番短く10年から12年となっています。

その主な理由は、大型犬のほうが小型犬や中型犬に比べて老化の進むスピードが早いため、平均寿命は比較的短いです。

また、大型犬も同様に病気にかかりやすいことから、平均寿命は他に比べて短くなっています。このように、小型犬や中型犬、そして大型犬では寿命に違いが見られます。

犬に長生きしてもらう方法はある?

犬に長生きしてもらうために大切なことは、ボケ防止、適切な運動、食事の3つです。犬の平均寿命は、体の大きさによって違います。小型犬の場合は10歳以上、大型犬の場合は8歳以上になったら高齢だと言われています。

犬の年齢で10歳というのは、人間の年齢にすると大体60歳前後です。そのため、犬の成長は想像よりも早いということを理解して早めに対策を行う必要があります。

犬がボケてしまうと、トイレができなくなったり、きちんと歩けなくなったりするという症状があらわれます。そうならないようにするには、いつもと違う散歩コースを歩いて見るなどして、犬の脳に刺激を与えてあげることが大切です。

脳を活性化させることがボケ防止につながります。新しいおもちゃや知育おもちゃを与えることで、ボケ防止とともに運動不足を補うこともできます。朝と夕方の散歩を欠かさず行っていれば、筋力が衰えていくこともありません。

また、餌は適量よりも少し少なめに与えるのが良いとされています。満腹よりも腹八分目ぐらいの量のほうが、犬の長生きに効果があります。

少しお腹が空いている状態のほうが、生きるための意欲が増すからです。これらのことを守った上で、愛情を注いで大切に育てていくことが長生きの方法です。

犬のストレスは寿命に関わる?

犬は人間と同じように、ストレスを感じることがあります。またそのストレスが原因で、体調を崩してしまったり病気にかかるケースも人間同様にあります。

通常、犬の平均寿命は10歳から13歳と言われていますが、そんな体調や病気次第で寿命も変化していきます。環境によるストレスは大きく、不本意な自分の居場所の変化は心に苦痛を与えます。

それに伴い、落ち着きの無い行動や食欲の減退が見られた場合は精神に異常の可能性があるので病気予防のためにもストレスを軽減させる必要があります。病院に診てもらうことも、ストレスチェックとしては大切なことになります。

日常生活においての毎日の項目や定期的なケアはやはり重要で、決められた時間に食事や散歩ができないだけでも重なるとストレスになります。

犬にとって散歩と言うものは、運動にもなり病気の対策にもなるとても大事なストレス解消法になるので特に欠かすことはできません。食事も同じように、十分な栄養素を摂らなければそれはやがてストレスの元になってしまいます。

生活のリズムを乱さずに食事の管理をすることは長く一緒に居られるポイントとなります。このように犬の年齢は飼い主の行動と考え方が大きく左右することになり、責任ある飼い主の思いが何より重要となっていきます。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

犬を電車に乗せるには料金は不要?電車に乗せるにはバック?カート?

犬を電車に乗せる時に発生する料金は、鉄道会社によって異なってきます。基本的には運行の支障を及ぼすことなく、また周囲の利用者に迷惑をかけないように工夫しなければなりません。このため、ルールとしては犬が自由に出入りすることができないように出来る専用のカートやバックを利用する必要があります。またこのようなカートやバックに入る程度の大きさですから、持ち込めるのは小型犬程度です。なお、料金は手回り品という扱いになり、運行距離の短い私鉄の場合には、不要のところが多くJRの場合には大きさに応じて手回り品料金として1個280円が必要です。

ギネスのロゴマーク

犬の年齢でギネス世界記録に載っている長寿犬の年齢や犬種とは?

ギネス世界記録に登録されている長寿犬は、オーストラリアのビクトリア州で牧羊犬として生きたオーストラリアン・キャトル・ドッグのブルーイとなります。オーストラリアン・キャトル・ドッグという犬種は特殊な牧羊犬で、牛の誘導を主にしているのが特徴的です。通常、この犬の年齢は13歳から15歳までが寿命とされています。ブルーイは1910年から1931年までの記録があるため、年齢は29歳と5か月という長生きぶりです。

犬のゲージを室内に配置するならどこ?トイレ別に配置した方がいい?

犬のゲージを室内に配置する時に一番気をつけることはその場所が快適かどうかです。直射日光が当たらず風邪通しの良い場所で、人通りのないゆっくりと落ち着ける場所に置きます。人が通らない場所といっても部屋の隅っこではさみしがったり水などがなくなっていても気づかないことがあるので、目につきやすいことがベストです。トイレはトイレトレーニングができていない時には緊急用にゲージの中に置いても構いませんが、トレーニングが完了した時にはトイレ別にして、眠る場所とトイレがはっきり分かれることが大切です。

犬の下痢に血が混じる…食事も食べて元気はあるけどこれって病気?

犬の下痢は決して珍しいことではなく、人間と同様に水分の過剰摂取や一時的に腸内環境が悪くなってしまった際に起きてしまいます。普通の下痢であれば2日程度で治ることが多いのですが、犬の下痢に加えて血が混じるような症状では問題がある可能性は否定できません。数々の要因があり、食事も食べて元気があるという状態で考えた際には、肛門の周囲が切れてしまい、その血が流れている場合もあります。この程度であれば問題ありませんが、継続して血が混じる場合は、大腸炎や炎症性腸炎、消化管の病気に掛かっている可能性があるので、早期に動物病院に連れていくことが基本です。

犬がご飯を食べない理由や食べても吐く原因は病気の可能性あり?

犬がご飯食べない理由は様々あり、体調が悪くなくともただ単純にお腹が空いていなかったり、いつもと違う美味しい物を食べて通常出されるご飯に魅力を感じていないだけのわがままだったりと色々あるので暫く様子見で大丈夫です。ただ吐いてしまう場合は、回数と吐くスピードから病気の可能性が出てきますから、要注意です。例えば1日の間に2回以上吐き出してしまう場合や食事をしてすぐ吐いたりする時は、高い確率で愛犬の体内か食事自体に原因があるので、動物病院で診察を受けた方がいいです。