ワントピ!

Just another WordPress site

other

犬に噛まれたら何科を受診すべき?自分で出来る処置は何がある?

投稿日:2019年6月15日 更新日:

万一、犬に噛まれたら応急処置として水でよく流すようにしましょう。血が出ており止まらない場合は、患部を圧迫して止血を行います。

病院を受診する場合は救急外来、もしくは外科系の一般外来へ行くと良いでしょう。狂犬病のリスクも考え、軽い咬傷でも自己判断をせずに病院へ行くことが大切です。

事故扱いでもあるため警察にも報告を行い調書を取ってもらうようにしましょう。また、病院で治療で受けた後は地域を管轄する保健所への連絡も必要です。

犬に噛まれたら何科に受診したらいいの?

アヒルのおもちゃ

犬に噛まれたら何科に受診すればいいのかと言うと基本的には外科か整形外科に行くのが一番良いです。傷の度合いにもよりますが、ちょっと噛まれてすり傷や切り傷程度なら外科で大丈夫です。

深く噛まれて血が止まらない、骨折をしたなどと切り傷よりも酷い状態ならば整形外科の治療になります。噛み傷により肉が抉れてしまったなどと皮膚の再生が必要な場合は形成外科で治療を行うこともあります。

自分では中々判断もしづらいので迷った時には外科に受診するのが一番ベストです。外科にて診察をしてもらい、外科治療では行うことが出来ない傷具合だったら整形外科や形成外科の紹介をしてもらいましょう。

また、傷の状態を自分で見て診断出来るならば電話で相談をしてどの病院に行けばいいのかを決めるのも手です。場合にもよりますが噛み傷の治療だけでなく細菌感染の検査をする場合が考えられます。

外科や整形外科のどちらも行っている総合診療所に診てもらうのも1つの選択です。近くの病院が休みの場合は救急外来に行きましょう。ただ噛まれただけで救急外来に行ってもいいのかという考えの人も居ますが、逆に行かないほうが身の危険です。

犬が感染源を持っていた場合は人間に移ってしまい感染してしまうことがあります。出来るだけ噛まれたらすぐに病院に受診して診てもらうのが良いです。

犬に噛まれても自分で出来る処置はある?

犬に噛まれたら、その犬が飼い犬か野良犬か確認して飼い犬で有ればその犬の飼い主に噛まれたことを伝え、知らない人で有れば住所や電話番号を聞いておきます。

自分が飼っている愛犬でも、遊んでいて噛まれることは良く有りますので、噛まれたときは最初に傷口を水道の流水で洗い流します。

必ず流水で洗うことが重要で、コップの水をかけてもあまり効果は有りませんのでもし水道が無ければ、コンビニエンスストアなどで1.5Lの水を購入してなるべく早く傷口をきれいに洗い流します。

血が出ていれば清潔なタオルやハンカチで傷口を少し強く抑えて、止血して血が止まらないようなら近くの外科か皮膚科を受診して治療を受けて下さい。

犬に噛まれたら狂犬病になると考える方もいますが、日本国内であれば心配はいりませんがもし海外で犬に噛まれたら直ぐに病院を受診してワクチンの接種を受けることが重要です。

日本では狂犬病の心配はいりませんが、傷口から雑菌が入りそこが化膿する場合もあり、また菌が全身に回って免疫低下を引き起こすことも有るので、特に子供や高齢者が犬に噛まれた場合には傷口が浅くても病院を受診した方が安心出来ます。

犬に噛まれたら、直ぐに傷口を流水できれいに洗いそして消毒液などで消毒し少しでも不安が有れば病院を受診しましょう。

犬に噛まれたら狂犬病になる?

狂犬病というのは、犬やキツネそしてタヌキなどに潜伏するウイルスが引き起こす病気のことを指します。

犬に噛まれたら狂犬病になるのかという点においては、一般的にお店やブリーダーで販売されている場合はウイルスを無害化するための予防接種を行っているのでリスクはないです。

しかし予防接種を受けたとしても効果には期限があり、その期限を過ぎたことを知らずに犬の唾液に触れてしまうと感染する場合があります。

当然ですが予防接種を受けたことがない野生に放たれた野犬や、多頭破綻によって不衛生な環境下で育っている犬は口の中で繁殖している恐れがあるので注意が必要になるのです。

もし予防接種を忘れたもしくは野犬に噛まれた場合には、ウイルスが増殖するのには最低でも3か月が目安になるのでその間に外科医に受診します。

狂犬病に感染している可能性がある場合には、まず傷口の洗浄と消毒を行った後に人狂犬病免疫グロブリンというワクチンを使ってウイルスの増殖を止めます。

この人狂犬病免疫グロブリンは一回だけでは効き目がなく、1回目から次に3日から7日と14日そして30日の計5回行います。もし本当に感染していてワクチンを接種しても、この狂犬病は進行スピードが速く治る可能性は低いです。

そのため狂犬病ウイルスを持っている可能性のある動物には近づかないのと、事前に効果の持続期間を調べて予防接種を受けさせるのが飼い主の責任になります。

他所の犬に噛まれた時は警察に通報すべき?

他人が飼っている犬に噛まれたら、まずは傷口を保護して病院を受診します。傷が浅い場合は水と石鹸で洗い流した後に消毒液などをつかって消毒を行い、傷が深くて出血が多い場合はハンカチやガーゼなどを用いて止血を行ってからすぐに病院へ向かいましょう。

絶対にやってはならないことは傷口を放置することで、細菌やウイルスが侵入することによって破傷風や狂犬病といった感染症の症状があらわれるおそれがあります。

また、犬に噛まれた時に警察へ通報すべきかどうかは、そのときの状況で判断します。大きな怪我になった場合は警察に連絡して、噛まれた場所か病院に来てもらうべきですが、怪我が大したことない場合であっても事後の飼い主の対応次第では警察を呼ぶ必要があるでしょう。

なお、犬に噛まれた場合には警察より重要な通報場所があります。それは、保健所や動物愛護センターです。自治体の条例で事案が発生した場合には関係機関に報告することが義務づけられています。

もし、犬の飼い主がなかなか通報しないようであれば、被害者の方から通報をして事情を説明する必要が生じます。犬にかまれてしまった後の対処をスムーズに行うためにも、被害者は必ず犬の飼い主から連絡先を聞き出しておきましょう。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

犬と子供

犬が手をナメる理由や噛む行動は飼い主への愛情表現って本当?

犬が飼い主を甘く噛むとか犬が手をナメる理由は愛情表現だと言われています。もちろんその行動には愛情表現ということもありますが、赤くなるまで自分の足をナメているようなときは、構って欲しいということも考えられます。また退屈しのぎにそんな行動を取ることもあります。でも心配なのは体の何処かが痛いとか痒くてナメていることもありますので、ずっと同じ場所をナメているときは、一度そこに異変がないか確認するようにしてください。

2匹の犬

犬が食べてはいけない草花は何がある?また犬が食べてもいい植物は?

お部屋の中で放し飼いにしていたりお散歩中、犬が食べてはいけない草花は様々あるので注意が必要です。たとえば玉ねぎやアボカド・レーズンなどはキッチン周りにあります。何気なく飾っている観葉植物も有毒なものがあるのです。散歩中だとヒガンバナやユリなどが咲いているところでは食べてしまわないよう気を配ってやりましょう。逆に食べてもいい植物もあり、クマザサは胃の中に溜まった毛玉を吐き出すのに最適、カモミールにはダニやノミ対策にも効果があります。とりあえず、犬が植物を食べるのはストレスが溜まっている証拠だったりもするのでしっかり遊んでやってストレス発散させてやるのがおすすめかもしれません。

犬がご飯を食べない理由や食べても吐く原因は病気の可能性あり?

犬がご飯食べない理由は様々あり、体調が悪くなくともただ単純にお腹が空いていなかったり、いつもと違う美味しい物を食べて通常出されるご飯に魅力を感じていないだけのわがままだったりと色々あるので暫く様子見で大丈夫です。ただ吐いてしまう場合は、回数と吐くスピードから病気の可能性が出てきますから、要注意です。例えば1日の間に2回以上吐き出してしまう場合や食事をしてすぐ吐いたりする時は、高い確率で愛犬の体内か食事自体に原因があるので、動物病院で診察を受けた方がいいです。

犬のイラスト

犬と泊まれる宿は関東にもあるの?高級な宿も存在するって本当?

空前のペットブームを反映し、旅行でも家族の一員として犬と泊まれる宿が注目されています。関東でもこうした宿は重宝されており、一緒に温泉に浸かれたり朝食までも用意されるサービスも展開しています。大抵は旅行の場合には宿泊場所の衛生上の問題もあるため、ホテルや旅館の犬の受け入れ体制が整っていないのが一般的です。しかしペットと一緒の旅行は利用者も喜ばれるため、そのサービスを展開している店が関東に存在します。そのなか人間が宿泊するだけでも高級な宿でも犬と泊まれる宿も存在し、愛犬と一緒に高級感でくつろぐことが可能です。

犬の下痢に血が混じる…食事も食べて元気はあるけどこれって病気?

犬の下痢は決して珍しいことではなく、人間と同様に水分の過剰摂取や一時的に腸内環境が悪くなってしまった際に起きてしまいます。普通の下痢であれば2日程度で治ることが多いのですが、犬の下痢に加えて血が混じるような症状では問題がある可能性は否定できません。数々の要因があり、食事も食べて元気があるという状態で考えた際には、肛門の周囲が切れてしまい、その血が流れている場合もあります。この程度であれば問題ありませんが、継続して血が混じる場合は、大腸炎や炎症性腸炎、消化管の病気に掛かっている可能性があるので、早期に動物病院に連れていくことが基本です。