ワントピ!

Just another WordPress site

other

犬が掘る仕草の意味はストレスが原因?掘る行動をやめさせるには?

投稿日:2019年6月16日 更新日:

犬が掘る仕草の意味はいくつかありますが、その中の原因の一つがストレスです。野生の犬には本来、本能として掘る行動が備わっています。

犬種によって性格は様々ですが、中には遊び心を持って掘る行動をしている犬もいます。一方でペットで飼われている犬の場合は、ストレスによりこの行動を起こしている場合も多いです。

やめさせる方法として有効なのが、原因となるストレスを取り除くことです。散歩に連れて行っていない場合には、連れて行くことで気持ちを和らげて上げることができます。

犬が掘る仕草をする意味はストレスが溜まっている?

穴の中にいる犬

犬を飼っていると、たまに掘る仕草がみられる場合があります。犬が掘る仕草の意味にはいくつか種類がありますが、その中の一つがストレスです。天気が良くなかったり多忙だったりして、なかなか散歩に行けない日が続く場合もあります。

そんなときは退屈な思いをして、どんどん犬のストレスが蓄積していくことも多いです。ストレスが溜まっていてこの状況を何とかしたいということを飼い主に伝えるために、穴掘りをするケースがあります。

中には気持ちを和らげるために穴掘りをする犬もいます。飼い主に対して不満を訴えている行動なので、退屈な環境となっている場合には改善してストレスを取り除いてあげることが大切です。

その他要因とし考えられることは、本来備わっている性質からくるものです。ペットとして迎え入れられる前は、洞窟の中で暮らしていました。巣穴を自分で掘って生きていたため、その無意識の行動がペットの犬にも引き継がれています。

メスであれば、赤ちゃんを産む際に育てる場所として穴を掘ります。ただ何となく楽しいから掘っているということも考えられるでしょう。もしペットの犬が掘り終えた後に気持ちよさそうな表情をしているときは、掘ることで楽しい気持ちになったと言えます。

犬が掘る行動をするのはどんな意味がある?

犬が掘る仕草の意味には、いくつか種類があります。まず1つは本能的なもの、これは犬は本来穴を掘って寝床を作る習性があるため、夜の就寝の時間になると無意識に掘る仕草をしてしまうのです。

特にベッドやクッションを掘ろうとするのはそのためで、そこが自分にとってお気に入りの場所である裏返しとも取れます。次に挙げられるのが、ストレスです。

犬にとって掘る仕草はリフレッシュの意味もあり、また同時に運動不足を解消しようとしている表れでもあります。よく飼い主の留守中にストレスで部屋を荒らしてしまう犬がいますが、掘る仕草もそういった類のものと捉えてください。

つまり就寝前でもない朝や昼にそうした仕草をしていれば、ストレスが溜まっている可能性があるということです。

最後は、純粋な遊び心によるものです。犬はもともと群れで過ごす生き物ですから、本来暇なときは他の犬とじゃれ合ったりしています。しかし一般家庭で飼われているような犬は単独で過ごす時間も多く、手持ち無沙汰を解消するために掘る仕草をするのです。

これは犬の探究心や好奇心から来るものでもありますから、無理に止めさせると更なるストレスに繋がるかもしれません。もし特に床に影響がないようであれば、黙って見守ってみてもいいでしょう。

犬の掘る仕草をやめさせる方法は?

犬が掘る仕草の意味は色々あり、野生時代の本能から行っていることがありますし、室内で布団やカーペットなどを掘ろうとする場合には飼い主の反応を見ている可能性もあります。

特に構って欲しいタイプの犬は飼い主が過剰に反応するのを見て構ってくれていると勘違いしてしまうことが多く、一度覚えると何度も実践してしまいます。

もっと心配なのは不安やストレスを抱えているケースであり、運動不足に陥っている時に起こることが多々ありますので、運動不足にならないように積極的に散歩に連れ出しましょう。

ストレスは、狭い空間で過ごす時間が多い時にも溜まり、留守にしていることが増えると掘り出す犬もいます。人間と同じように神経質な犬もいれば、おおらかな犬もいますので、それぞれの性格をよく見極めて対処することが大切です。

ストレスが疑われるような時には掘る仕草以外にもシグナルが発せられていて、あくびをしたり目線をそらしたり、口や鼻を舐めるなどの行動があれば十分に注意しなければなりません。

シグナルを見つけたら、できるだけ広い空間で過ごすように心がけ、運動不足を解消し、留守にする時間を減らせば少しずつ解消されていくはずですので試してみましょう。

犬のストレス発散方法は穴を掘ることだった?

たまに犬が掘る仕草をすることはありませんか。急に自宅の庭や公園で、穴を掘り始めた時に驚いたことがある人は多いかもしれません。これは一体、どういう意味があるのかを知っていますか。

ストレス発散をしているのではないかと考えたことがある人もいるでしょう。そもそも犬が掘る仕草の意味にはいくつかあります。犬の祖先の狼が穴を掘ってそこで生活していたこともあって、本能で掘ることがあります。

駆け回っていたと思ったら急に穴を掘り始めた場合は、単なる遊びかもしれません。暇つぶしに穴を掘ることもあれば、寝床を作るためなど様々な意味が考えられます。

実は、ストレス発散になっていることもあります。あまり散歩に連れていかなかったり、一緒に遊んだりしないと家の中などで畳やソファなどに穴を掘り始めるかもしれません。そう言う経験がある人は、もっと遊んであげましょう。

様々な意味がありますが、犬にも穴を掘る行動の意味がわかっていないこともあります。よく犬が掘る仕草をするようであれば、散歩の回数を増やす等した方が良いかもしれません。

叱るよりは、環境を変えるなどで対処した方が効果が出ますので、このような行動をした時には何を改善すれば良いかを考えましょう。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

犬の種類の中型犬でランキングが上位は何犬?人気が低い中型犬は?

犬の種類の中で中型犬はほど良い体格なので散歩も楽です。その中でもランキング上位の犬がコーギーです。コーギーは頭が良く物覚えが良いため飼いやすいからです。また日本犬として知られる柴犬は、忠誠心が高く飼い主には従順なのですが他人には懐かないので番犬向きでもあります。中型犬の中で人気が低いのは、性格的に気質が難しい犬種です。ビーグルは垂れ耳が可愛い犬ですが、無駄吠えするのでしつけが難しいです。牧羊犬として有名なボーダーコリーは賢い犬なのですが、その分しつけが難しく言うことを聞かない子に育つこともあります。

ギネスのロゴマーク

犬の年齢でギネス世界記録に載っている長寿犬の年齢や犬種とは?

ギネス世界記録に登録されている長寿犬は、オーストラリアのビクトリア州で牧羊犬として生きたオーストラリアン・キャトル・ドッグのブルーイとなります。オーストラリアン・キャトル・ドッグという犬種は特殊な牧羊犬で、牛の誘導を主にしているのが特徴的です。通常、この犬の年齢は13歳から15歳までが寿命とされています。ブルーイは1910年から1931年までの記録があるため、年齢は29歳と5か月という長生きぶりです。

犬が震える原因は実はガン?元気があっても震えは病気の前兆?

犬が震える原因は熱中症や低体温症など体調不良が考えられます。特に低体温症は重大な病気から引き起こされている可能性があり、ガンであれば気温や状態に関係なく熱を持つのが特徴的です。もちろん、興奮や恐怖など人間と同様に精神的な理由で体を震わせる事はあります。その場合は元気だと判断しても良いものの、骨折などの痛みやストレスによって震わせる場合も多いです。いずれにしても犬が震える原因は異常の前兆と見なして良いですが、見極める方法として考えられる原因を確認しながら消去法で絞ったり散歩や食事などいつものサイクルで過ごせるかどうかを確かめたり等が挙げられます。

犬の種類の小型犬でランキングが上位は何犬?人気が低い小型犬は?

小型犬は体型が小さいこともあり、外で鎖に繋いで飼うよりも家の中で飼うことができる犬の種類です。なかでもランキングで上位にくるのはトイプードル・シーズー・チワワで、室内犬の定番とも呼ばれるべき存在になります。逆に人気が低いのは、フレンチブルドックやパグで見た目のスマートさや可愛さがあまり見られないからです。ただ人気は飼いやすい性格の犬の種類が好まれるのも事実で、ミニチュアダックスフントが躾を上手にしないと凶暴さが残るので、見た目の良さよりも人気が低いこともあります。

犬と抜け毛

犬の病気の皮膚病は脱毛が関係してる?皮膚病に効果抜群の薬とは?

犬の病気の一つには、皮膚病が挙げられます。主な皮膚の異常としては抜け毛が多いことが挙げられます。脱毛は通常でもみられることですが、量があまりに多すぎる場合には皮膚病を疑って獣医などにみせておくことは重要です。もしも皮膚病にかかっていることが診断された場合には、薬物を使用して治していきます。ただ、脱毛の種類によって有効な薬が変わってくる面があるため原因を特定することが大事でしょう。皮膚に効果抜群となる薬は、ホルモンがないのであればホルモンを外から投与したり、あるいは漢方を利用すると良いとされています。