ワントピ!

Just another WordPress site

other

犬のしつけでトイレを覚えないのは何故?成犬になってからは手遅れ?

投稿日:2019年6月16日 更新日:

愛犬と暮らしていくためには、しつけをしっかりと行っていくことが大切だといえます。

犬のしつけでトイレを覚えない理由として、排泄をすると叱られると勘違いをしている、間違った場所で排泄することが習慣になっている、といったことが挙げられるでしょう。

成犬になってからも、時間をかけて教えていけばしつけることは可能です。子犬よりも長い期間が必要となるかもしれませんが、適切なしつけを続けていけば成功させることができるでしょう。

犬のしつけでトイレを覚えないのはどうして?

トイレットペーパー

犬のしつけの中でも難しいとされているのが「トイレ」かもしれません。現在は室外で犬を飼うことは珍しく、小型犬でなくてもお家の中で飼っているご家庭が多く見られます。

おうちの中で飼っている場合には、トイレをしつけることが何よりも先決となるでしょう。犬のしつけでトイレを覚えないのには理由があります。その一つには、トイレの環境がよくないことです。

失敗しにくいトイレ環境を整えることも飼い主の役目であり、具体的には、トイレのサイズは飼っている犬のサイズの1.5倍以上にすることや屋根付きのゲージを用意することなどです。

また、飼い主が愛犬の一日の排泄記録を記入しておいて、トイレをする時期を見計らって誘導していくことも大切です。もし、きちんとトイレをすることができたら、ちゃんと褒めてあげて下さい。

人間と同じように犬も褒められることでやる気が出てきます。規則正しい排泄をさせるためには、規則正しい生活をさせることも重要で、食事を与える時間や散歩をする時間を一定にしなければなりません。

そうすることで、愛犬も、健康的な毎日を送ることができるようになりますので、病気なども未然に防ぐことができるでしょう。

犬のしつけでトイレを覚えさせる方法は?

犬はしつけがしやすい生き物だと思われがちですが、トイレに関してはなかなか覚えないのが現状です。犬のしつけでトイレが難しい原因は、犬が持ち合わせている特性が大きく関わってきます。

散歩を毎日行っている人も多いですが、犬にとって散歩とは縄張りを主張する絶好の機会です。それと同時に、排泄をするタイミングでもあります。マーキングをするために尿を利用している犬も多く、尿を屋外で行う犬がほとんどです。

尿に加えて便もその機会にする傾向があるため、自宅でのトイレを覚えさせることが大変になります。トイレを覚えさせたいときは、犬にすり込まれている本能を上手くコントロールしながら覚えさせることが大切です。

使用するトイレは、犬の体格を考慮して使いやすいサイズ感のものを選択しましょう。中には囲いのあるトイレも販売されていますが、このタイプを使用する場合は排泄の体勢がとりやすいようになるべく高さがないものを選択することが好ましいです。

はじめはペットシーツを犬に近づけて、その上で排泄を促します。ペットシーツに糞や尿の臭いをつけたら、それをトイレに設置してトイレで排泄をするようにしつけをします。このときトイレは常に清潔な状態を維持しておくことが重要です。

はじめは散歩でマーキングをしていた犬でも、慣れてくると自宅では設置したトイレでしてくれるようになります。

成犬になってからトイレを覚えさせるのは手遅れ?

犬のしつけでトイレを覚えさせることは難しいことではありません。これは、成犬になってからでも同じであるため、トレーニングさえきちんとこなすことができれば問題なく覚えさせることができます。

覚えないのは、教え方があまり良くないからです。基本的に、犬は勝手にトイレの場所を認識するわけではなく何回か同じ行動を行って徐々に覚えていくのが普通です。

例えば、散歩をしている最中にもトイレをすることはありますが、ほとんどの場合で同じ場所でトイレをします。これは、成犬が散歩の過程で自分の縄張りをマーキングして覚えているからです。

自宅でトイレをしていく時にもこういった過程が必要になりますので、まずはトイレを覚えさせるという手順が必要になります。具体的には、環境を準備してあげて、その場所でトイレをさせることです。

ほとんどの場合は、こういった行為でトイレを覚えることができます。覚えないのは、その過程でトイレそのものに失敗してしまったり、実際にトイレができたことに対して褒めることをしないからです。

犬は、自分が行った行為に対して飼い主がどういった反応をするのかを見ています。ですから、正しいことをした場合にはきちんと褒めることが大切です。そうすることで、成犬でも効率的に覚えさせることが可能になります。

犬がトイレを成功させたら褒めた方がいいの?

犬のしつけでトイレは特に肝心で、理想的なのは家にやってきて直ぐだといわれています。子犬であればハウスの近くにトイレを設置して、何時でもトレーニングできるように配慮するのが基本です。

トイレは急かすのではなく、犬のペースで挑戦するまで見守り、成功したら褒めてあげることが大切です。当初は夜中に排泄をすることもありますが、根気良く褒めることによって、トイレの場所や正しいやり方を覚えます。

もし犬のしつけでトイレを何時までも覚えないとしたら、それはトレーニングの開始が遅いか、褒め方が足りない可能性があります。犬も人間同様に褒められると嬉しいものですし、トイレと喜びが結びつくことで、尿意や便意を感じたら自ら足を運び用を足すようになります。

また褒める時におやつを上げることで、犬はより喜びを感じて覚えやすくなるでしょう。いくら賢い犬でも長い指示は理解できませんから、短く端的に声を掛けて、トイレの場所を教えることもコツの1つです。

叱って間違いを正すやり方だと、犬のしつけでトイレを覚えないことになったり、苦手意識が生じてしまう恐れがあります。しかし、褒めて伸ばす方法だと失敗しにくく、それに難易度が低いので誰でもしつけに挑戦することができます。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

家族

犬を飼う準備は室内か屋外かで準備するものや費用が大きく変わる?

室内飼いと屋外飼いを比較すると、室内の方が犬を飼う準備費用は高くなりがちです。理由は室内飼いの場合は準備すべき道具が多く必要になるからです。トイレシートやケージ、掃除用スプレーなどが必要となりますが、中でもコストが掛かるのがトイレ用品と言えます。消耗品ですので定期的な購入が欠かせずコスト増に繋がります。一方、屋外飼いの場合は、犬小屋やベッドなどを準備する程度に留まり、消耗品の購入も少なく、準備費用をはじめ継続的なコストの発生もしにくいです。

ギネスのロゴマーク

犬の年齢でギネス世界記録に載っている長寿犬の年齢や犬種とは?

ギネス世界記録に登録されている長寿犬は、オーストラリアのビクトリア州で牧羊犬として生きたオーストラリアン・キャトル・ドッグのブルーイとなります。オーストラリアン・キャトル・ドッグという犬種は特殊な牧羊犬で、牛の誘導を主にしているのが特徴的です。通常、この犬の年齢は13歳から15歳までが寿命とされています。ブルーイは1910年から1931年までの記録があるため、年齢は29歳と5か月という長生きぶりです。

犬の服のブランドで人気があるのは?有名ブランドのコラボもある?

犬の服のブランドで人気があるのが、有名ブランドとのコラボの製品です。シュプリームというストリートブランドと、ヴィトンがコラボレーションした製品はすぐに完売になってネット上でも高額で取引されています。人気があるブランド同士が協力し合って作りあげた製品で世界中の富裕層の間で人気を博しているのが特徴です。犬の服のブランドだけでなく、通常犬の服を作っていないメーカー同士がコレボレーションしているケースも多く見られます。

犬の種類の大型犬でランキングが上位は何犬?人気が低い大型犬は?

犬の種類の大型犬において、人気ランキングの上位にくるのはラブラドールレトリバーです。性格は非常に温和で、とても賢い傾向にあります。愛くるしい顔つきから、日本では大型犬の代表として幅広く支持されています。人間にもよくなつくので、一緒に遊んでいくうちに信頼関係を築き上げていくことができるでしょう。一方で人気が低いのは、グレートデンです。大型犬の中でも体高が高く、敷地の狭い日本では扱いにくいという問題があります。

人の顔を舐める犬

犬が顔をペロペロする理由や飼い主の顔を舐める理由や気持ちとは?

犬が顔をペロペロする理由は、気持ちを落ち着かせる意味があります。それは子犬の頃に母犬からしてもらった毛づくろいに由来しており、舐められるとリラックス効果を得られることを成犬になってからも覚えているからです。また、飼い主の顔を舐める理由は愛情を抱いていることが理由になります。一緒に遊んでくれる・餌をくれる飼い主を信頼しているという気持ちを込めて舐めます。犬にとって舐める行為はコミュニケーションの中でとても重要な意味を込めているといえます。