ワントピ!

Just another WordPress site

other

犬の種類で飼いやすい犬ランキング上位とは?初心者向けの犬は何犬?

投稿日:2019年6月17日 更新日:

犬の種類で飼いやすい犬ランキングに入ってくる種類は複数ありますが、その中でも初心者向けとして人気なのがトイプードルです。

非常に人懐こい犬種であり、頭が良いとされています。誠実であまり吠えないことも飼いやすい理由になっています。

賢いとしつけがしやすくて教えたことをすぐに覚えてくれますし、毛が抜けにくいことも大事なポイントです。

室内で飼育していると抜け毛が気になることも多いので、できるだけ少ない犬種を選ぶと良いようです。

犬の種類で飼いやすい犬ランキング上位は何犬?

たくさんの犬と散歩する男女

ペットは飼いやすさも大事なポイントとなりますが、犬の種類で飼いやすい犬にはどんなタイプがいるのでしょうか。色々なランキングを参考にして上位に入っている犬種を紹介します。

まず挙げられる犬種が「シーズー」となり、初心者の方でも比較的飼いやすい事が特徴です。落ち着きがあって穏やかな性格をしていますので、あまり無駄吠えもしない事がメリットです。

小型犬ですので、マンションなどの室内飼いにも適しています。運動量も比較的少ない事や、毛も抜けにくいタイプである事から飼いやすく人気が高い犬種となっています。

そして美しい毛並みが魅力的な「ヨークシャーテリア」も、飼いやすいランキングの上位に入っている事が多いです。非常に賢い事が特徴で、落ち着きもありますので騒がしくなりにくいでしょう。

飼い主に従順で甘えん坊である一方で、用心深い性質である事も特徴です。運動好きな犬種ですので散歩も必要ですが、室内で遊べる空間があれば短い散歩でも大丈夫でしょう。

その他しつけやすい「パピヨン」や、家庭で飼いやすい事が魅力的な「キャバリア」などもランキング上位に入っています。自分のライフスタイルに適した犬種を選んで飼う事が大事となってくるでしょう。

犬の種類で飼いにくい犬は何犬?

飼う犬を選ぶ時には飼いやすさが1つの条件となってきますが、犬の種類で飼いやすいタイプがある事の一方で、飼いにくいタイプもあるのが事実です。

その中で飼いにくい犬種のランキングで、良くランクインしている犬を確認してみましょう。まずは「ビーグル」となっており、その立ち姿勢の良さや毛質の美しさなどで人気がある犬種です。

しかし無駄吠えが多いという特徴があり、飼いにくいという部分が見られます。住宅街などでは少し迷惑となってしまいますので、無駄吠えをしないように、きちんとしつけをする事が大事です。

そして「ボーダーコリー」という犬種はドッグスポーツなどでも活躍している事が特徴ですが、少々神経質な面が伺えます。非常に賢く飼い主に対しての従順さも高いのですが、飼い主以外の方には従わないという点が見受けられます。

しつけが比較的難しい事も見受けられ、しっかりしつけを行なわないと、わがままなタイプとなってしまうので注意が必要です。

それ以外にも警戒心が強い事が特徴の「秋田犬」や、「セントバーナード」も身体が大きくなりすぎるという点から飼いにくい犬種とされています。

このようなランキングの傾向がありますので、初心者の方はまず飼いやすい犬種を選んでみるのも方法の1つでしょう。

犬を飼うのが初めての初心者向けにおすすめな犬は?

犬を飼うときには費用や時間などいくつかの心構えが必要ですが、初心者はやはり世話しやすい犬を飼ったほうがよいです。ポイントは運動量が少ない小型犬で、しつけがしやすく無駄吠えがあまりない、被毛の手入れがしやすく抜け毛が少ないことなどです。

運動量が多いとこまめな散歩が必要ですし、賢くても大型犬だとさらに厳しいしつけが要ります。無駄吠えが多いと近所迷惑になりしますし、毛足が長いとシャンプーなど手入れが大変です。

それではどんな犬がよいのかというと、犬の種類で飼いやすいランキングの常に上位なのは、まずトイプードルです。小型犬の中でも人気があり性格も人なつこくて賢く、しつけもしやすい犬です。

ウエーブした被毛はブラッシングを少しこまめにすれば抜け毛も少ないため部屋の掃除が楽です。シーズーも飼いやすい犬の上位にランキングされ、飼い主に従順で性格も穏やか、無駄吠えも少ないです。

ロングコートで被毛は豊かですが抜け毛は少なく、長い毛をいろいろアレンジして楽しめます。キャバリアは物静かな性格で初めて会う人や犬にも友好的なので、しつけも楽で上手に社会適応することができますが、抜け毛が少し多いためこまめな掃除が必要です。

ヨークシャーテリアも初心者向きです。落ち着きがあり聡明で用心深いですが、飼い主が大好きで甘えてきます。室内で十分に運動できれば毎日の散歩も短くて済みます。

室内で飼える人気な犬の犬種は?

犬の種類で飼いやすい犬種には、パピヨンとヨークシャテリアやキャバリアに、シーズーやトイプードルがあてはまります。パピヨンは大きく特徴的な耳が可愛らしく、毛の量の割には抜け毛が少なかったり、ニオイも控えめなのが人気の理由です。

賢い上に従順ですから、しつけやすさも優れていて、犬の種類で飼いやすいランキングに入るのも頷けます。ヨークシャテリアも抜け毛が少なく、運動量はパピヨン以下ですから、戸建て以外の住環境でも十分に飼えるでしょう。

大きさは精々30cm程度なので、それほど広い空間を必要としないこともまた特徴です。キャバリアも30cmくらいと小さく、優しい性格で家庭向けと言われている、犬の種類で飼いやすい代表格です。

協調性が優れていることから、他にペットがいても問題なく、安心して飼うことができます。賢いのに人に懐いて愛らしいといえば、やはり定番のシーズーが挙げられます。

飼い主を追い掛ける姿は可愛いですが、必要な運動量はそれなりなので、散歩の頻度が少なく済みます。勿論、定期的な運動は欠かせないものの、高齢者でも飼いやすいのでランキングの上位に位置する人気犬です。

トイプードルはあらゆる面においてバランスが良く、室内犬としては不動のトップに君臨します。毛並みの維持にコストは掛かりますが、抜け毛は少なく食費も控えめと、飼い主の負担が小さいのが魅力です。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お手をする犬

犬のしつけでトイレを覚えないのは何故?成犬になってからは手遅れ?

愛犬と暮らしていくためには、しつけをしっかりと行っていくことが大切だといえます。犬のしつけでトイレを覚えない理由として、排泄をすると叱られると勘違いをしている、間違った場所で排泄することが習慣になっている、といったことが挙げられるでしょう。成犬になってからも、時間をかけて教えていけばしつけることは可能です。子犬よりも長い期間が必要となるかもしれませんが、適切なしつけを続けていけば成功させることができるでしょう。

犬が震える原因は実はガン?元気があっても震えは病気の前兆?

犬が震える原因は熱中症や低体温症など体調不良が考えられます。特に低体温症は重大な病気から引き起こされている可能性があり、ガンであれば気温や状態に関係なく熱を持つのが特徴的です。もちろん、興奮や恐怖など人間と同様に精神的な理由で体を震わせる事はあります。その場合は元気だと判断しても良いものの、骨折などの痛みやストレスによって震わせる場合も多いです。いずれにしても犬が震える原因は異常の前兆と見なして良いですが、見極める方法として考えられる原因を確認しながら消去法で絞ったり散歩や食事などいつものサイクルで過ごせるかどうかを確かめたり等が挙げられます。

ギネスのロゴマーク

犬の年齢でギネス世界記録に載っている長寿犬の年齢や犬種とは?

ギネス世界記録に登録されている長寿犬は、オーストラリアのビクトリア州で牧羊犬として生きたオーストラリアン・キャトル・ドッグのブルーイとなります。オーストラリアン・キャトル・ドッグという犬種は特殊な牧羊犬で、牛の誘導を主にしているのが特徴的です。通常、この犬の年齢は13歳から15歳までが寿命とされています。ブルーイは1910年から1931年までの記録があるため、年齢は29歳と5か月という長生きぶりです。

犬の鳴き声の苦情対策の方法はある?酷い鳴き声は警察に通報される?

犬の鳴き声の苦情対策は、無駄吠えをしないようにしつけをすることが重要なポイントです。鳴き癖が付いてしまうと、無駄吠えがどうしても増えてしまうことから、近隣に迷惑をかけてしまうことに繋がります。あまりに無駄吠えがひどい場合、警察に通報されてしまうことがあるので、ご近所迷惑を考えて小さなうちから無駄吠えをしないように対策を打つことが何よりも大切です。どうしても治らない場合には、しつけ教室に通わせるのも一つの方法です。

犬のイラスト

犬と泊まれる宿は関東にもあるの?高級な宿も存在するって本当?

空前のペットブームを反映し、旅行でも家族の一員として犬と泊まれる宿が注目されています。関東でもこうした宿は重宝されており、一緒に温泉に浸かれたり朝食までも用意されるサービスも展開しています。大抵は旅行の場合には宿泊場所の衛生上の問題もあるため、ホテルや旅館の犬の受け入れ体制が整っていないのが一般的です。しかしペットと一緒の旅行は利用者も喜ばれるため、そのサービスを展開している店が関東に存在します。そのなか人間が宿泊するだけでも高級な宿でも犬と泊まれる宿も存在し、愛犬と一緒に高級感でくつろぐことが可能です。