ワントピ!

Just another WordPress site

other

犬が顔をペロペロする理由や飼い主の顔を舐める理由や気持ちとは?

投稿日:

犬が顔をペロペロする理由は、気持ちを落ち着かせる意味があります。

それは子犬の頃に母犬からしてもらった毛づくろいに由来しており、舐められるとリラックス効果を得られることを成犬になってからも覚えているからです。

また、飼い主の顔を舐める理由は愛情を抱いていることが理由になります。一緒に遊んでくれる・餌をくれる飼い主を信頼しているという気持ちを込めて舐めます。

犬にとって舐める行為はコミュニケーションの中でとても重要な意味を込めているといえます。

犬が飼い主の顔をペロペロする理由は?

犬が舌を出している

可愛い愛犬に近づくと顔をペロペロと舐められることがあるでしょう。飼い主としてはうれしい反面で、「どうして顔をなめるのだろうか?」と気になっているかもしれません。

犬が顔をペロペロする理由は、飼い主に対しての忠誠心や愛情表現を表しています。あなたに好意を抱いている証拠でもありますので、犬と良い関係を築けているといってよいでしょう。

しかし、犬によっては飼い主だけではなくて、初対面の人にもぺロペロとしてしまうこともあります。犬は匂いを嗅いで人を判断する生き物ですので、ペロペロするということは相手に良い印象を抱いています。

「可愛がってくれそう」「犬がすきそうだ」という人を見極めることもできるのです。気持ちを表す手段としてペロペロする行為があると考えておくとよいかもしれません。

そのため、叱られたときや嫌がっているときにも「もうやめて」という意味合いも込めてペロペロすることもあります。人間と違って話すことができない犬ですから、飼い主は、その犬の気持ちを行動を見ながらくみ取っていくのがおすすめです。

そうすることで、何気ない体調の変化にも気が付くことができて、愛犬の病気やけがなどを未然に防ぐこともできます。

犬が飼い主の顔を舐める時はどんな気持ちの時?

犬が顔をペロペロする理由は飼い主のことが大好きなので愛情表現の1つとして行われています。飼い主に構って欲しい時や甘えたいという気持ちで顔を舐めてくることが多いです。

愛情込めて面倒をみてあげている飼い主のことを保護者代わりに犬が感じて、子犬が母犬に甘えるのと同じような気持ちを持っています。特に口に向かって舐めて来るときは大好きの気持ちでいっぱいです。

昔から犬は自分よりも立場が上の相手に対して口を舐める行動をしてきました。愛情表現として舐めて来るのが1番多い理由ですが、寂しい時や不安な時も舐めて来ることがあります。

犬自身が不安な気持ちを持っていてその不安を解消しようとペロペロしてくるのです。愛情表現なのか不安で舐めて来るのか違いの見分け方はしっぽです。

しっぽを大きな動作で振っている場合は愛情表現で、しっぽが垂れ下がっているような状態だと不安でストレスを抱えていることがあります。

また、過度に舐めてくる場合も不安な気持ちを伴っていることが多いです。舐める動作を見るとじゃれ合っている、構って欲しいんだなと飼い主側は感じます。

ですが、不安な時やストレスが溜まっている時も舐めて来るため犬の動作や行動をよくみてあげて下さい。

犬の愛情表現の仕方は?

犬を飼っている家庭なら、飼い主に対して犬が顔をペロペロする行為を経験したことがあるでしょう。嬉しい反面、ここまで犬が顔をペロペロする理由は何なのかと気になるものです。

これは、犬が本来持っている愛情表現の仕方の一つですので、側にすり寄って来たりじっと見つけたりする行為と同じです。

犬が顔をペロペロする理由は、まず、飼い主への愛情表現の一つですが服従しているという意味も持っています。なめることで飼い主は笑ったり嬉しい顔になったりするので、犬は学習してさらに喜んでもらおうとします。

また、飼い主の口元のにおいを嗅ぐこともありますが、食べ物や口のにおい、化粧品のにおいなど本能的に嗅いでしまうのです。そのため、顔をペロペロとなめてしまうようになります。

そして、犬が本能として相手に服従していることを示すために、自然になめることもあります。複数飼育している家庭なら、犬同士でお互いになめている姿を見ることもあるでしょう。

そして、犬が顔をペロペロする理由には、不安を感じていることを落ち着かせようとすることもあります。あまりに普段よりも極端になめる時には、心身の変化が起こっていないかも観察しておくようにしましょう。

犬の愛情表現の仕方は、多彩な面を見せてくれるのが魅力であり飼い主はこれらの行為で幸せな時間を犬と共有できているわけです。

犬が構ってほしい時の行動は?

犬が飼い主に構ってほしい時の行動は5つあります。1つ目はあごを乗せてくる行動です。これは飼い主を心から信頼している証拠であり、安心しきっているからだと言えます。

そんな時には頭から背中をゆっくり撫でてあげると良いです。そうすると犬は気持ちを理解してもらえた感じ、幸せな気持ちになります。2つ目は飼い主の顔をなめる行動です。

この犬が顔をペロペロする理由は、大好きだから甘えたいという気持ちの表れです。また犬が示す最上級の甘え行動であるとも言われています。3つ目は前足を乗せてくることです。

膝や腕に前足を乗せ、顔をじっと見つめている時があります。これは飼い主の意識を自分に向けたい時の行動だと言えます。また、遊んでほしい、おやつが欲しいという欲求を伝えたい時に見せる仕草でもあります。

4つ目はお腹を見せてくる行動です。自分の弱点をさらけ出すことにより、敵意が無い事を示しています。また飼い主に対する信頼も表しているのです。

この状態の時は構ってほしい気持ちを抱いている為、存分に撫でて優しく声を掛けてあげると犬は満足します。5つ目は飼い主の後ろをついてくることです。

これは飼い主の行動に興味を持ち、常に一緒にいたいという気持ちを表しています。こんな風に構ってほしい気持ちを表している時は、沢山撫でてあげたり、一緒に散歩に行ったりすると良いです。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ギネスのロゴマーク

犬の年齢でギネス世界記録に載っている長寿犬の年齢や犬種とは?

ギネス世界記録に登録されている長寿犬は、オーストラリアのビクトリア州で牧羊犬として生きたオーストラリアン・キャトル・ドッグのブルーイとなります。オーストラリアン・キャトル・ドッグという犬種は特殊な牧羊犬で、牛の誘導を主にしているのが特徴的です。通常、この犬の年齢は13歳から15歳までが寿命とされています。ブルーイは1910年から1931年までの記録があるため、年齢は29歳と5か月という長生きぶりです。

2匹の犬

犬が食べてはいけない草花は何がある?また犬が食べてもいい植物は?

お部屋の中で放し飼いにしていたりお散歩中、犬が食べてはいけない草花は様々あるので注意が必要です。たとえば玉ねぎやアボカド・レーズンなどはキッチン周りにあります。何気なく飾っている観葉植物も有毒なものがあるのです。散歩中だとヒガンバナやユリなどが咲いているところでは食べてしまわないよう気を配ってやりましょう。逆に食べてもいい植物もあり、クマザサは胃の中に溜まった毛玉を吐き出すのに最適、カモミールにはダニやノミ対策にも効果があります。とりあえず、犬が植物を食べるのはストレスが溜まっている証拠だったりもするのでしっかり遊んでやってストレス発散させてやるのがおすすめかもしれません。

犬の種類の大型犬でランキングが上位は何犬?人気が低い大型犬は?

犬の種類の大型犬において、人気ランキングの上位にくるのはラブラドールレトリバーです。性格は非常に温和で、とても賢い傾向にあります。愛くるしい顔つきから、日本では大型犬の代表として幅広く支持されています。人間にもよくなつくので、一緒に遊んでいくうちに信頼関係を築き上げていくことができるでしょう。一方で人気が低いのは、グレートデンです。大型犬の中でも体高が高く、敷地の狭い日本では扱いにくいという問題があります。

犬が掘る仕草の意味はストレスが原因?掘る行動をやめさせるには?

犬が掘る仕草の意味はいくつかありますが、その中の原因の一つがストレスです。野生の犬には本来、本能として掘る行動が備わっています。犬種によって性格は様々ですが、中には遊び心を持って掘る行動をしている犬もいます。一方でペットで飼われている犬の場合は、ストレスによりこの行動を起こしている場合も多いです。やめさせる方法として有効なのが、原因となるストレスを取り除くことです。散歩に連れて行っていない場合には、連れて行くことで気持ちを和らげて上げることができます。

犬の鳴き声の苦情対策の方法はある?酷い鳴き声は警察に通報される?

犬の鳴き声の苦情対策は、無駄吠えをしないようにしつけをすることが重要なポイントです。鳴き癖が付いてしまうと、無駄吠えがどうしても増えてしまうことから、近隣に迷惑をかけてしまうことに繋がります。あまりに無駄吠えがひどい場合、警察に通報されてしまうことがあるので、ご近所迷惑を考えて小さなうちから無駄吠えをしないように対策を打つことが何よりも大切です。どうしても治らない場合には、しつけ教室に通わせるのも一つの方法です。