ワントピ!

Just another WordPress site

other

犬が顔をペロペロする理由や飼い主の顔を舐める理由や気持ちとは?

投稿日:

犬が顔をペロペロする理由は、気持ちを落ち着かせる意味があります。

それは子犬の頃に母犬からしてもらった毛づくろいに由来しており、舐められるとリラックス効果を得られることを成犬になってからも覚えているからです。

また、飼い主の顔を舐める理由は愛情を抱いていることが理由になります。一緒に遊んでくれる・餌をくれる飼い主を信頼しているという気持ちを込めて舐めます。

犬にとって舐める行為はコミュニケーションの中でとても重要な意味を込めているといえます。

犬が飼い主の顔をペロペロする理由は?

犬が舌を出している

可愛い愛犬に近づくと顔をペロペロと舐められることがあるでしょう。飼い主としてはうれしい反面で、「どうして顔をなめるのだろうか?」と気になっているかもしれません。

犬が顔をペロペロする理由は、飼い主に対しての忠誠心や愛情表現を表しています。あなたに好意を抱いている証拠でもありますので、犬と良い関係を築けているといってよいでしょう。

しかし、犬によっては飼い主だけではなくて、初対面の人にもぺロペロとしてしまうこともあります。犬は匂いを嗅いで人を判断する生き物ですので、ペロペロするということは相手に良い印象を抱いています。

「可愛がってくれそう」「犬がすきそうだ」という人を見極めることもできるのです。気持ちを表す手段としてペロペロする行為があると考えておくとよいかもしれません。

そのため、叱られたときや嫌がっているときにも「もうやめて」という意味合いも込めてペロペロすることもあります。人間と違って話すことができない犬ですから、飼い主は、その犬の気持ちを行動を見ながらくみ取っていくのがおすすめです。

そうすることで、何気ない体調の変化にも気が付くことができて、愛犬の病気やけがなどを未然に防ぐこともできます。

犬が飼い主の顔を舐める時はどんな気持ちの時?

犬が顔をペロペロする理由は飼い主のことが大好きなので愛情表現の1つとして行われています。飼い主に構って欲しい時や甘えたいという気持ちで顔を舐めてくることが多いです。

愛情込めて面倒をみてあげている飼い主のことを保護者代わりに犬が感じて、子犬が母犬に甘えるのと同じような気持ちを持っています。特に口に向かって舐めて来るときは大好きの気持ちでいっぱいです。

昔から犬は自分よりも立場が上の相手に対して口を舐める行動をしてきました。愛情表現として舐めて来るのが1番多い理由ですが、寂しい時や不安な時も舐めて来ることがあります。

犬自身が不安な気持ちを持っていてその不安を解消しようとペロペロしてくるのです。愛情表現なのか不安で舐めて来るのか違いの見分け方はしっぽです。

しっぽを大きな動作で振っている場合は愛情表現で、しっぽが垂れ下がっているような状態だと不安でストレスを抱えていることがあります。

また、過度に舐めてくる場合も不安な気持ちを伴っていることが多いです。舐める動作を見るとじゃれ合っている、構って欲しいんだなと飼い主側は感じます。

ですが、不安な時やストレスが溜まっている時も舐めて来るため犬の動作や行動をよくみてあげて下さい。

犬の愛情表現の仕方は?

犬を飼っている家庭なら、飼い主に対して犬が顔をペロペロする行為を経験したことがあるでしょう。嬉しい反面、ここまで犬が顔をペロペロする理由は何なのかと気になるものです。

これは、犬が本来持っている愛情表現の仕方の一つですので、側にすり寄って来たりじっと見つけたりする行為と同じです。

犬が顔をペロペロする理由は、まず、飼い主への愛情表現の一つですが服従しているという意味も持っています。なめることで飼い主は笑ったり嬉しい顔になったりするので、犬は学習してさらに喜んでもらおうとします。

また、飼い主の口元のにおいを嗅ぐこともありますが、食べ物や口のにおい、化粧品のにおいなど本能的に嗅いでしまうのです。そのため、顔をペロペロとなめてしまうようになります。

そして、犬が本能として相手に服従していることを示すために、自然になめることもあります。複数飼育している家庭なら、犬同士でお互いになめている姿を見ることもあるでしょう。

そして、犬が顔をペロペロする理由には、不安を感じていることを落ち着かせようとすることもあります。あまりに普段よりも極端になめる時には、心身の変化が起こっていないかも観察しておくようにしましょう。

犬の愛情表現の仕方は、多彩な面を見せてくれるのが魅力であり飼い主はこれらの行為で幸せな時間を犬と共有できているわけです。

犬が構ってほしい時の行動は?

犬が飼い主に構ってほしい時の行動は5つあります。1つ目はあごを乗せてくる行動です。これは飼い主を心から信頼している証拠であり、安心しきっているからだと言えます。

そんな時には頭から背中をゆっくり撫でてあげると良いです。そうすると犬は気持ちを理解してもらえた感じ、幸せな気持ちになります。2つ目は飼い主の顔をなめる行動です。

この犬が顔をペロペロする理由は、大好きだから甘えたいという気持ちの表れです。また犬が示す最上級の甘え行動であるとも言われています。3つ目は前足を乗せてくることです。

膝や腕に前足を乗せ、顔をじっと見つめている時があります。これは飼い主の意識を自分に向けたい時の行動だと言えます。また、遊んでほしい、おやつが欲しいという欲求を伝えたい時に見せる仕草でもあります。

4つ目はお腹を見せてくる行動です。自分の弱点をさらけ出すことにより、敵意が無い事を示しています。また飼い主に対する信頼も表しているのです。

この状態の時は構ってほしい気持ちを抱いている為、存分に撫でて優しく声を掛けてあげると犬は満足します。5つ目は飼い主の後ろをついてくることです。

これは飼い主の行動に興味を持ち、常に一緒にいたいという気持ちを表しています。こんな風に構ってほしい気持ちを表している時は、沢山撫でてあげたり、一緒に散歩に行ったりすると良いです。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

寝る犬

犬が吐く原因はエサ?黄色や茶色の嘔吐物は病気の可能性あり?

犬を飼っていてびっくりするのが、意外と吐くことが多いという事です。具合が悪いのではないかと心配になってしまいますが、中には心配がないこともあります。犬が吐く原因にはエサを急いで食べたり、食べ過ぎや空腹によるものもあるからです。その後元気にしているなら心配は少ないでしょう。嘔吐物を見てみて、黄色や茶色になっているなど異変を感じるようであれば病気の可能性もありますので、動物病院に相談してみるのが良いでしょう。

ギネスのロゴマーク

犬の年齢でギネス世界記録に載っている長寿犬の年齢や犬種とは?

ギネス世界記録に登録されている長寿犬は、オーストラリアのビクトリア州で牧羊犬として生きたオーストラリアン・キャトル・ドッグのブルーイとなります。オーストラリアン・キャトル・ドッグという犬種は特殊な牧羊犬で、牛の誘導を主にしているのが特徴的です。通常、この犬の年齢は13歳から15歳までが寿命とされています。ブルーイは1910年から1931年までの記録があるため、年齢は29歳と5か月という長生きぶりです。

犬を飼って後悔した理由は何?犬を飼って後悔するのはありがちなの?

犬を飼って後悔した理由というと、亡くなったときの喪失感からなかなか抜け出せないというケースが見られます。その他は、旅行に自由に行くことが出来ないという人は少なくありません。ペットホテルに毎回預けると費用がかさんでしまいますし、ありがちなのがしつけが上手くいかなくてお互い生活のストレスになってしまうということも少なくないです。後悔しないように、自分の生活のリズムや経済的な事を考えて計画的に飼うようにしましょう。

少年と犬

犬の年齢を人間換算することは可能?犬の年の数え方や平均寿命は?

犬の年齢を人間換算する際には、以前は犬の年齢に対して7を掛けることが主に行われてきました。現在では犬種の多様化や、単に7掛けでは正しい年齢が出ないという事例もあり、人間換算することは不可能ではありませんが、年の数え方には一律として計算することは難しいものです。1歳で人間換算で15歳になることが基本で、2歳では24歳、5歳では36歳が該当します。10歳になると56歳から70歳程度の幅があり、数え方は数年間は7掛け、10歳以降は6掛け程度が基本です。平均寿命も犬種で異なり、老化が始まるのは8歳からです。13歳から15歳程度が人間に例えた際の平均寿命に相当しています。

犬の血便はストレスが原因だった?嘔吐や食欲不振が続くと危険?

犬の排泄物は、健康を知るためのバロメーターとも言われています。では犬の血便は、何を意味しているのかというとストレスを感じていることが原因です。人間も肉体が精神に影響されることがありますが、犬も同様です。過度のストレスで胃や腸などの消化器官に問題が出てくる事がよくあります。ですから、犬の血便だけでなく、嘔吐や食欲不振といった症状もストレスを感じているサインとして考えられるので、長く続いているときには治療が必要な状態に陥っているかもしれません。すぐに病院で獣医師に診てもらうべきです。