ワントピ!

Just another WordPress site

other

犬が食べてはいけない草花は何がある?また犬が食べてもいい植物は?

投稿日:

お部屋の中で放し飼いにしていたりお散歩中、犬が食べてはいけない草花は様々あるので注意が必要です。

たとえば玉ねぎやアボカド・レーズンなどはキッチン周りにあります。何気なく飾っている観葉植物も有毒なものがあるのです。

散歩中だとヒガンバナやユリなどが咲いているところでは食べてしまわないよう気を配ってやりましょう。

逆に食べてもいい植物もあり、クマザサは胃の中に溜まった毛玉を吐き出すのに最適、カモミールにはダニやノミ対策にも効果があります。

とりあえず、犬が植物を食べるのはストレスが溜まっている証拠だったりもするのでしっかり遊んでやってストレス発散させてやるのがおすすめかもしれません。

犬が草を食べるのはどんな時?

草を加える犬

散歩中、突然飼い犬が草を食べ始める場面に遭遇したという方もたくさん居るのではないでしょうか?犬が草を食べるときというのは、胃腸の調子が悪いときであり、草を食べることでお腹の調子を整えているのです。

草を食べることで消化作用を促し、お腹の調子を整えて体調を改善することを目的としているため、突然散歩中に草を食べだしたら、体調が悪い事のサインであるので注意してあげることが大切です。

中には犬が食べてはいけない草花というものもあります。犬が食べてはいけない草花というのは、身近にたくさん存在しています。

特に、散歩中は食べたら中毒を起こしてしまうような危険な草花がたくさん存在するため、食べると危険なものについては知識として知っておく必要があるのです。

例えば、道端に咲いているヒガンバナは毒があるので食べさせてはいけません。道に何気なく生えているので、気が向くままにうっかりと食べさせてしまいがちですが、ヒガンバナは有毒なので要注意です。

また、庭木や生垣の趣旨は有毒であり、知らずに食べてしまうと最悪市に至ることがあります。このように、道端に生えている草木には毒性のあるものがあり、命にかかわるものも多いので要注意です。

犬が食べてはいけない草花の種類は?

犬が食べてはいけない草花には色々な種類のものがありますが、中でもヒガンバナと呼ばれる植物は口にすることによって下痢や嘔吐などを起こして死に至ることもありますので、注意が必要ですし触っただけでもかぶれなどを起こすことがあります。

又、ユリにも同様の毒性があるため食べるとよだれや嘔吐や食欲不振が起こり、最悪の場合死に至るケースがありますので注意が必要です。

庭木に多い梅や桃やプラムといった木の核の部分には、シアン化合物が含まれているため多量に摂取すると体調不良の原因になることがあります。

又、スズランにもおう吐などの症状が出るケースがありますので飼い犬が食べない様に目を離さないようにしましょう。室内にある観葉植物にも毒性があるものが多いため、犬が植物を食べることの内容な環境づくりが必要です。

観葉植物にはサトイモ科のものが多く、このサトイモ科の植物には毒性が見られますので犬を近づけないようにすることで体調不良になることを防ぐことが出来ます。

部屋の中で犬を飼っている場合は観葉植物に注意をし、外に散歩に連れていくときにも目を離した時に草花を食べることが無いように常に気を配るのが必要です。庭や生け垣でも、食べてはいけないものを植えないようにします。

犬が食べてもいい植物はある?

散歩をしているときに、愛犬が道端に生えている草花を食べてしまい、焦った経験がある人もいるでしょう。「しまった」と思った時にはすでに口の中に草花が入ってしまった後で、取り出すわけにもいかずにオロオロとしてしまうこともあるかもしれません。

いろいろな種類の草花があるので、中には犬が食べてはいけないものも存在しています。万が一、食べてしまうと下痢や腹痛などの病気や感染症にかかってしまうこともあります。

また、場合によっては死に至るものもあり、飼い主としては気が気ではありません。具体的には、紫陽花の葉やつぼみ、水仙やマリーゴールド、パンジーなどの草花です。

どれも、お家でガーデニングをしている人が植えているような草花ばかりですので、外出時だけではなくてお家でも注意が必要となるでしょう。逆に犬が食べてもよい植物はありません。

食べてしまっても死に至ることがないような植物は数多くありますが、進んで摂取する必要はないと思ってよいでしょう。

ですから、散歩時に犬が草花を食べようとする行動が見られた場合には、胃腸不良やビタミン不足、誤飲したものをはくためにわざと食べようとしているとみておきます。

体調の悪さを表しているとみてじっくりと観察する必要があります。

草を食べる犬は体調が良くない?

犬の散歩に公園などに行ったら、急に草が生えているところにかけていって草花を食べようとする経験をしたことがある人は多いです。

犬が食べてはいけない草花であれば心配ですし、草を食べるのは体調が良くないのではないかを心配になることがあります。

確かに犬が食べてはいけない草花を摂取してしまうと、下痢をしたり嘔吐をすることもありますし、毒性があるものであれば命にかかわってしまうこともあるので注意が必要です。

ただ毒性などがない草花であれば、必ずしも体調に関係が出るわけではなく、逆に誤飲したものを吐き出したり胃腸の中に存在する寄生虫を改善するできることがあります。

犬は誰に教えてもらったわけでもなく、本能的に体調改善のために草を食べることがありますから、必ずしも悪いわけではないといえます。

誤飲したものを嘔吐するときに草を食べることで吐き出すことができますし、それが実行できれば体調改善につながります。

その他にもビタミンが足りないと体が欲したときにも草花を口に入れようとすることがありますから、その場合は普段お食事を見直すことが大切です。

犬が食べてはいけない草花でなくても、公園などに生えているものは農薬などが散布されている可能性があるので、心配な時は獣医師に相談をしましょう。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

犬の下痢に血が混じる…食事も食べて元気はあるけどこれって病気?

犬の下痢は決して珍しいことではなく、人間と同様に水分の過剰摂取や一時的に腸内環境が悪くなってしまった際に起きてしまいます。普通の下痢であれば2日程度で治ることが多いのですが、犬の下痢に加えて血が混じるような症状では問題がある可能性は否定できません。数々の要因があり、食事も食べて元気があるという状態で考えた際には、肛門の周囲が切れてしまい、その血が流れている場合もあります。この程度であれば問題ありませんが、継続して血が混じる場合は、大腸炎や炎症性腸炎、消化管の病気に掛かっている可能性があるので、早期に動物病院に連れていくことが基本です。

犬と抜け毛

犬の病気の皮膚病は脱毛が関係してる?皮膚病に効果抜群の薬とは?

犬の病気の一つには、皮膚病が挙げられます。主な皮膚の異常としては抜け毛が多いことが挙げられます。脱毛は通常でもみられることですが、量があまりに多すぎる場合には皮膚病を疑って獣医などにみせておくことは重要です。もしも皮膚病にかかっていることが診断された場合には、薬物を使用して治していきます。ただ、脱毛の種類によって有効な薬が変わってくる面があるため原因を特定することが大事でしょう。皮膚に効果抜群となる薬は、ホルモンがないのであればホルモンを外から投与したり、あるいは漢方を利用すると良いとされています。

犬の鳴き声の苦情対策の方法はある?酷い鳴き声は警察に通報される?

犬の鳴き声の苦情対策は、無駄吠えをしないようにしつけをすることが重要なポイントです。鳴き癖が付いてしまうと、無駄吠えがどうしても増えてしまうことから、近隣に迷惑をかけてしまうことに繋がります。あまりに無駄吠えがひどい場合、警察に通報されてしまうことがあるので、ご近所迷惑を考えて小さなうちから無駄吠えをしないように対策を打つことが何よりも大切です。どうしても治らない場合には、しつけ教室に通わせるのも一つの方法です。

桶に入った子犬

犬の種類で飼いやすい犬ランキング上位とは?初心者向けの犬は何犬?

犬の種類で飼いやすい犬ランキングに入ってくる種類は複数ありますが、その中でも初心者向けとして人気なのがトイプードルです。非常に人懐こい犬種であり、頭が良いとされています。誠実であまり吠えないことも飼いやすい理由になっています。賢いとしつけがしやすくて教えたことをすぐに覚えてくれますし、毛が抜けにくいことも大事なポイントです。室内で飼育していると抜け毛が気になることも多いので、できるだけ少ない犬種を選ぶと良いようです。

犬の種類の大型犬でランキングが上位は何犬?人気が低い大型犬は?

犬の種類の大型犬において、人気ランキングの上位にくるのはラブラドールレトリバーです。性格は非常に温和で、とても賢い傾向にあります。愛くるしい顔つきから、日本では大型犬の代表として幅広く支持されています。人間にもよくなつくので、一緒に遊んでいくうちに信頼関係を築き上げていくことができるでしょう。一方で人気が低いのは、グレートデンです。大型犬の中でも体高が高く、敷地の狭い日本では扱いにくいという問題があります。