ワントピ!

Just another WordPress site

other

犬が食べてはいけない草花は何がある?また犬が食べてもいい植物は?

投稿日:

お部屋の中で放し飼いにしていたりお散歩中、犬が食べてはいけない草花は様々あるので注意が必要です。

たとえば玉ねぎやアボカド・レーズンなどはキッチン周りにあります。何気なく飾っている観葉植物も有毒なものがあるのです。

散歩中だとヒガンバナやユリなどが咲いているところでは食べてしまわないよう気を配ってやりましょう。

逆に食べてもいい植物もあり、クマザサは胃の中に溜まった毛玉を吐き出すのに最適、カモミールにはダニやノミ対策にも効果があります。

とりあえず、犬が植物を食べるのはストレスが溜まっている証拠だったりもするのでしっかり遊んでやってストレス発散させてやるのがおすすめかもしれません。

犬が草を食べるのはどんな時?

草を加える犬

散歩中、突然飼い犬が草を食べ始める場面に遭遇したという方もたくさん居るのではないでしょうか?犬が草を食べるときというのは、胃腸の調子が悪いときであり、草を食べることでお腹の調子を整えているのです。

草を食べることで消化作用を促し、お腹の調子を整えて体調を改善することを目的としているため、突然散歩中に草を食べだしたら、体調が悪い事のサインであるので注意してあげることが大切です。

中には犬が食べてはいけない草花というものもあります。犬が食べてはいけない草花というのは、身近にたくさん存在しています。

特に、散歩中は食べたら中毒を起こしてしまうような危険な草花がたくさん存在するため、食べると危険なものについては知識として知っておく必要があるのです。

例えば、道端に咲いているヒガンバナは毒があるので食べさせてはいけません。道に何気なく生えているので、気が向くままにうっかりと食べさせてしまいがちですが、ヒガンバナは有毒なので要注意です。

また、庭木や生垣の趣旨は有毒であり、知らずに食べてしまうと最悪市に至ることがあります。このように、道端に生えている草木には毒性のあるものがあり、命にかかわるものも多いので要注意です。

犬が食べてはいけない草花の種類は?

犬が食べてはいけない草花には色々な種類のものがありますが、中でもヒガンバナと呼ばれる植物は口にすることによって下痢や嘔吐などを起こして死に至ることもありますので、注意が必要ですし触っただけでもかぶれなどを起こすことがあります。

又、ユリにも同様の毒性があるため食べるとよだれや嘔吐や食欲不振が起こり、最悪の場合死に至るケースがありますので注意が必要です。

庭木に多い梅や桃やプラムといった木の核の部分には、シアン化合物が含まれているため多量に摂取すると体調不良の原因になることがあります。

又、スズランにもおう吐などの症状が出るケースがありますので飼い犬が食べない様に目を離さないようにしましょう。室内にある観葉植物にも毒性があるものが多いため、犬が植物を食べることの内容な環境づくりが必要です。

観葉植物にはサトイモ科のものが多く、このサトイモ科の植物には毒性が見られますので犬を近づけないようにすることで体調不良になることを防ぐことが出来ます。

部屋の中で犬を飼っている場合は観葉植物に注意をし、外に散歩に連れていくときにも目を離した時に草花を食べることが無いように常に気を配るのが必要です。庭や生け垣でも、食べてはいけないものを植えないようにします。

犬が食べてもいい植物はある?

散歩をしているときに、愛犬が道端に生えている草花を食べてしまい、焦った経験がある人もいるでしょう。「しまった」と思った時にはすでに口の中に草花が入ってしまった後で、取り出すわけにもいかずにオロオロとしてしまうこともあるかもしれません。

いろいろな種類の草花があるので、中には犬が食べてはいけないものも存在しています。万が一、食べてしまうと下痢や腹痛などの病気や感染症にかかってしまうこともあります。

また、場合によっては死に至るものもあり、飼い主としては気が気ではありません。具体的には、紫陽花の葉やつぼみ、水仙やマリーゴールド、パンジーなどの草花です。

どれも、お家でガーデニングをしている人が植えているような草花ばかりですので、外出時だけではなくてお家でも注意が必要となるでしょう。逆に犬が食べてもよい植物はありません。

食べてしまっても死に至ることがないような植物は数多くありますが、進んで摂取する必要はないと思ってよいでしょう。

ですから、散歩時に犬が草花を食べようとする行動が見られた場合には、胃腸不良やビタミン不足、誤飲したものをはくためにわざと食べようとしているとみておきます。

体調の悪さを表しているとみてじっくりと観察する必要があります。

草を食べる犬は体調が良くない?

犬の散歩に公園などに行ったら、急に草が生えているところにかけていって草花を食べようとする経験をしたことがある人は多いです。

犬が食べてはいけない草花であれば心配ですし、草を食べるのは体調が良くないのではないかを心配になることがあります。

確かに犬が食べてはいけない草花を摂取してしまうと、下痢をしたり嘔吐をすることもありますし、毒性があるものであれば命にかかわってしまうこともあるので注意が必要です。

ただ毒性などがない草花であれば、必ずしも体調に関係が出るわけではなく、逆に誤飲したものを吐き出したり胃腸の中に存在する寄生虫を改善するできることがあります。

犬は誰に教えてもらったわけでもなく、本能的に体調改善のために草を食べることがありますから、必ずしも悪いわけではないといえます。

誤飲したものを嘔吐するときに草を食べることで吐き出すことができますし、それが実行できれば体調改善につながります。

その他にもビタミンが足りないと体が欲したときにも草花を口に入れようとすることがありますから、その場合は普段お食事を見直すことが大切です。

犬が食べてはいけない草花でなくても、公園などに生えているものは農薬などが散布されている可能性があるので、心配な時は獣医師に相談をしましょう。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

犬のできものでピンク色は病気?黒や白いできものは膿が溜まってる?

犬のできもので皮膚の病気にいぼや突起上の腫瘍のようなできものを目にすることが有りますが、ピンクで1㎝以内の場合は良性なので心配有りませんが、大きくなっていく場合には獣医さんの診察を受けましょう。黒や白い犬のできものは、普通のイボ(良性)と悪性の腫瘍も考えられますので獣医の診察を受けることが重要です。犬が痒くてひっかいたり、なめたりして細菌が入り膿が溜まったり、その部分から出血する場合も有りますが、この場合はひどくなる前に治療をすれば、短期間で治すことが出来ます。

犬の年齢の平均寿命はどれくらい?長生きしてもらう方法はある?

犬種全体で見ると犬の平均寿命は13歳程度と言われています。犬種によって寿命は違い、一般に大型犬よりも小型犬の方が寿命が長くなる傾向があります。近年ではドッグフードの品質向上や動物医療の発展によって、平均的な犬の年齢は延びつつありますが、長生きをさせる方法を知ることでさらなる寿命の延長に期待ができるでしょう。例えばストレスを軽減してあげることが大切です。十分な散歩や飼い主との遊び、生活環境の改善などを心掛け、快適な暮らしを送れるよう配慮することが必要不可欠です。

犬の種類の中型犬でランキングが上位は何犬?人気が低い中型犬は?

犬の種類の中で中型犬はほど良い体格なので散歩も楽です。その中でもランキング上位の犬がコーギーです。コーギーは頭が良く物覚えが良いため飼いやすいからです。また日本犬として知られる柴犬は、忠誠心が高く飼い主には従順なのですが他人には懐かないので番犬向きでもあります。中型犬の中で人気が低いのは、性格的に気質が難しい犬種です。ビーグルは垂れ耳が可愛い犬ですが、無駄吠えするのでしつけが難しいです。牧羊犬として有名なボーダーコリーは賢い犬なのですが、その分しつけが難しく言うことを聞かない子に育つこともあります。

犬の種類の小型犬でランキングが上位は何犬?人気が低い小型犬は?

小型犬は体型が小さいこともあり、外で鎖に繋いで飼うよりも家の中で飼うことができる犬の種類です。なかでもランキングで上位にくるのはトイプードル・シーズー・チワワで、室内犬の定番とも呼ばれるべき存在になります。逆に人気が低いのは、フレンチブルドックやパグで見た目のスマートさや可愛さがあまり見られないからです。ただ人気は飼いやすい性格の犬の種類が好まれるのも事実で、ミニチュアダックスフントが躾を上手にしないと凶暴さが残るので、見た目の良さよりも人気が低いこともあります。

男性と犬

犬に好かれる人の特徴とは?また犬に好かれる方法やコツは何?

犬は耳から聞こえてくる音に敏感に反応するため、犬に好かれる人には共通して犬にとって負担にならない穏やかでゆっくりとした話し方をするという特徴があります。そのため、犬が行う仕草などに感激しても大きな声を出したり突如として身体を大きく動かす素振りを見せないようにしつつ、ゆったりとした声の抑揚と動きも意識して犬に接するようにする事がコツです。また、犬は安心材料を求める性格をしているので人間が近づいていくのではなく、あえて近寄ってくるまで穏やかに待ち、安心してもらってからコミュニケーションを取るようにする事も好かれる方法です。