ワントピ!

Just another WordPress site

other

犬が食べてはいけない草花は何がある?また犬が食べてもいい植物は?

投稿日:

お部屋の中で放し飼いにしていたりお散歩中、犬が食べてはいけない草花は様々あるので注意が必要です。

たとえば玉ねぎやアボカド・レーズンなどはキッチン周りにあります。何気なく飾っている観葉植物も有毒なものがあるのです。

散歩中だとヒガンバナやユリなどが咲いているところでは食べてしまわないよう気を配ってやりましょう。

逆に食べてもいい植物もあり、クマザサは胃の中に溜まった毛玉を吐き出すのに最適、カモミールにはダニやノミ対策にも効果があります。

とりあえず、犬が植物を食べるのはストレスが溜まっている証拠だったりもするのでしっかり遊んでやってストレス発散させてやるのがおすすめかもしれません。

犬が草を食べるのはどんな時?

草を加える犬

散歩中、突然飼い犬が草を食べ始める場面に遭遇したという方もたくさん居るのではないでしょうか?犬が草を食べるときというのは、胃腸の調子が悪いときであり、草を食べることでお腹の調子を整えているのです。

草を食べることで消化作用を促し、お腹の調子を整えて体調を改善することを目的としているため、突然散歩中に草を食べだしたら、体調が悪い事のサインであるので注意してあげることが大切です。

中には犬が食べてはいけない草花というものもあります。犬が食べてはいけない草花というのは、身近にたくさん存在しています。

特に、散歩中は食べたら中毒を起こしてしまうような危険な草花がたくさん存在するため、食べると危険なものについては知識として知っておく必要があるのです。

例えば、道端に咲いているヒガンバナは毒があるので食べさせてはいけません。道に何気なく生えているので、気が向くままにうっかりと食べさせてしまいがちですが、ヒガンバナは有毒なので要注意です。

また、庭木や生垣の趣旨は有毒であり、知らずに食べてしまうと最悪市に至ることがあります。このように、道端に生えている草木には毒性のあるものがあり、命にかかわるものも多いので要注意です。

犬が食べてはいけない草花の種類は?

犬が食べてはいけない草花には色々な種類のものがありますが、中でもヒガンバナと呼ばれる植物は口にすることによって下痢や嘔吐などを起こして死に至ることもありますので、注意が必要ですし触っただけでもかぶれなどを起こすことがあります。

又、ユリにも同様の毒性があるため食べるとよだれや嘔吐や食欲不振が起こり、最悪の場合死に至るケースがありますので注意が必要です。

庭木に多い梅や桃やプラムといった木の核の部分には、シアン化合物が含まれているため多量に摂取すると体調不良の原因になることがあります。

又、スズランにもおう吐などの症状が出るケースがありますので飼い犬が食べない様に目を離さないようにしましょう。室内にある観葉植物にも毒性があるものが多いため、犬が植物を食べることの内容な環境づくりが必要です。

観葉植物にはサトイモ科のものが多く、このサトイモ科の植物には毒性が見られますので犬を近づけないようにすることで体調不良になることを防ぐことが出来ます。

部屋の中で犬を飼っている場合は観葉植物に注意をし、外に散歩に連れていくときにも目を離した時に草花を食べることが無いように常に気を配るのが必要です。庭や生け垣でも、食べてはいけないものを植えないようにします。

犬が食べてもいい植物はある?

散歩をしているときに、愛犬が道端に生えている草花を食べてしまい、焦った経験がある人もいるでしょう。「しまった」と思った時にはすでに口の中に草花が入ってしまった後で、取り出すわけにもいかずにオロオロとしてしまうこともあるかもしれません。

いろいろな種類の草花があるので、中には犬が食べてはいけないものも存在しています。万が一、食べてしまうと下痢や腹痛などの病気や感染症にかかってしまうこともあります。

また、場合によっては死に至るものもあり、飼い主としては気が気ではありません。具体的には、紫陽花の葉やつぼみ、水仙やマリーゴールド、パンジーなどの草花です。

どれも、お家でガーデニングをしている人が植えているような草花ばかりですので、外出時だけではなくてお家でも注意が必要となるでしょう。逆に犬が食べてもよい植物はありません。

食べてしまっても死に至ることがないような植物は数多くありますが、進んで摂取する必要はないと思ってよいでしょう。

ですから、散歩時に犬が草花を食べようとする行動が見られた場合には、胃腸不良やビタミン不足、誤飲したものをはくためにわざと食べようとしているとみておきます。

体調の悪さを表しているとみてじっくりと観察する必要があります。

草を食べる犬は体調が良くない?

犬の散歩に公園などに行ったら、急に草が生えているところにかけていって草花を食べようとする経験をしたことがある人は多いです。

犬が食べてはいけない草花であれば心配ですし、草を食べるのは体調が良くないのではないかを心配になることがあります。

確かに犬が食べてはいけない草花を摂取してしまうと、下痢をしたり嘔吐をすることもありますし、毒性があるものであれば命にかかわってしまうこともあるので注意が必要です。

ただ毒性などがない草花であれば、必ずしも体調に関係が出るわけではなく、逆に誤飲したものを吐き出したり胃腸の中に存在する寄生虫を改善するできることがあります。

犬は誰に教えてもらったわけでもなく、本能的に体調改善のために草を食べることがありますから、必ずしも悪いわけではないといえます。

誤飲したものを嘔吐するときに草を食べることで吐き出すことができますし、それが実行できれば体調改善につながります。

その他にもビタミンが足りないと体が欲したときにも草花を口に入れようとすることがありますから、その場合は普段お食事を見直すことが大切です。

犬が食べてはいけない草花でなくても、公園などに生えているものは農薬などが散布されている可能性があるので、心配な時は獣医師に相談をしましょう。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

家族

犬を飼う準備は室内か屋外かで準備するものや費用が大きく変わる?

室内飼いと屋外飼いを比較すると、室内の方が犬を飼う準備費用は高くなりがちです。理由は室内飼いの場合は準備すべき道具が多く必要になるからです。トイレシートやケージ、掃除用スプレーなどが必要となりますが、中でもコストが掛かるのがトイレ用品と言えます。消耗品ですので定期的な購入が欠かせずコスト増に繋がります。一方、屋外飼いの場合は、犬小屋やベッドなどを準備する程度に留まり、消耗品の購入も少なく、準備費用をはじめ継続的なコストの発生もしにくいです。

犬が草を食べる理由や原因とは?犬が草を食べる時はどんな時?

散歩をしているときに犬が草を食べる時があります。犬が草を食べる理由には様々なものがあり、草の匂いや噛み心地などが気に入っていたりお腹が空いている、胃に違和感があるときに吐くために食べるなどです。犬によって全く食べないものもいれば、頻繁に食べるものもいますが、頻度が高い場合には病気などの関連性が疑われるので注意が必要です。また、除草剤が撒かれているところや毒性の草が生えている場所で食べてしまったときは、吐かせて病院で診察を受けた方が良いです。

犬の服のブランドで人気があるのは?有名ブランドのコラボもある?

犬の服のブランドで人気があるのが、有名ブランドとのコラボの製品です。シュプリームというストリートブランドと、ヴィトンがコラボレーションした製品はすぐに完売になってネット上でも高額で取引されています。人気があるブランド同士が協力し合って作りあげた製品で世界中の富裕層の間で人気を博しているのが特徴です。犬の服のブランドだけでなく、通常犬の服を作っていないメーカー同士がコレボレーションしているケースも多く見られます。

桶に入った子犬

犬の種類で飼いやすい犬ランキング上位とは?初心者向けの犬は何犬?

犬の種類で飼いやすい犬ランキングに入ってくる種類は複数ありますが、その中でも初心者向けとして人気なのがトイプードルです。非常に人懐こい犬種であり、頭が良いとされています。誠実であまり吠えないことも飼いやすい理由になっています。賢いとしつけがしやすくて教えたことをすぐに覚えてくれますし、毛が抜けにくいことも大事なポイントです。室内で飼育していると抜け毛が気になることも多いので、できるだけ少ない犬種を選ぶと良いようです。

ギネスのロゴマーク

犬の年齢でギネス世界記録に載っている長寿犬の年齢や犬種とは?

ギネス世界記録に登録されている長寿犬は、オーストラリアのビクトリア州で牧羊犬として生きたオーストラリアン・キャトル・ドッグのブルーイとなります。オーストラリアン・キャトル・ドッグという犬種は特殊な牧羊犬で、牛の誘導を主にしているのが特徴的です。通常、この犬の年齢は13歳から15歳までが寿命とされています。ブルーイは1910年から1931年までの記録があるため、年齢は29歳と5か月という長生きぶりです。