ワントピ!

Just another WordPress site

other

犬を飼って後悔した理由は何?犬を飼って後悔するのはありがちなの?

投稿日:

犬を飼って後悔した理由というと、亡くなったときの喪失感からなかなか抜け出せないというケースが見られます。

その他は、旅行に自由に行くことが出来ないという人は少なくありません。

ペットホテルに毎回預けると費用がかさんでしまいますし、ありがちなのがしつけが上手くいかなくてお互い生活のストレスになってしまうということも少なくないです。

後悔しないように、自分の生活のリズムや経済的な事を考えて計画的に飼うようにしましょう。

犬を飼いたくなる時はどんな時が多い?

人の足の上に乗る犬

犬を飼って後悔したという方も多いでしょう。高齢になった時に介護が大変になりますし、病気の際などの費用もかなり掛かります。

思い通りにならないことも多くなりますし、長期間家を上げるということも出来なくなるので、旅行などにも差支えることが多くなります。しかし、それでも再び犬を飼いたくなるという事もあるものです。

どのような理由で犬を飼いたくなるのでしょうか。まずは寂しくなった時が挙げられます。子供たちが巣立った時、また前に買っていたペットが亡くなった時などに特に強く感じることがある物です。

ペットとの死別ではすぐに飼いたいとは思いにくいですが、落ち着いてくると再びぬくもりやコミュニケーションが恋しくなってくるという事もある物です。また、子供の成長や高齢者の認知症対策として飼いたくなるという事もあります。

言葉を持たないペットだからこそ、学べることや出来る対応があるのです。その存在があることでプラスに働くという事であれば、少々の公開があっても飼ってみたいと思う事もあるのではないでしょうか。

いずれにしても、どのような形で大変なことをフォローしていくかという事は考えてから飼うことが必要となっていくでしょう。

犬を飼って後悔した人は多い?

犬を飼って後悔した人も多いようですので、どのような理由があるか買う前に把握して準備や心構えをする必要があります。犬は最初から言うことに従うものではないので、飼い始めに躾をするのが重要です。

個体差があるので、失敗すると様々な問題行動を起こします。躾の他にも毎日散歩に連れて行かなければならず、自由な時間が減ります。行動にも制限がかかるようになり、餌をやらずに家に留守番をさせ続けることはできません。

ペットの宿泊も可能な施設もありますが、数は少ないので選択肢が狭まります。忘れてはならないものがお金の問題です。犬の購入費用だけでなく餌やカット代、予防接種や怪我や病気などの際の治療費など多くの出費が発生します。

引越しする可能性がある場合には、ペットの飼育が可能な住居が見つからず、希望通りにいかなくなることも後悔の理由に挙げられます。

また、ずっと健康でいれば良いのですが、高齢になると目が見えなくなる、寝たきりになる、食事も満足にできなくなるなど介護が必要になる場合もあるので、それも考慮が必要です。

避けられないので覚悟しておかなければならないのが、犬との死別です。ペットロスと呼ばれる言葉もあるように、精神的に大きな影響を及ぼすこともあります。

犬を飼って後悔するのはありがち?

犬を飼って後悔した、そんな気持ちになるのは2つの理由が考えられます。1つは想定よりも手間がかかっている事、もう1つは深い愛情を持ってしまったからこそロスを抱えている事です。

前者は犬に限らず、ペットを購入する時点で始まっています。ペットは購入費だけでなく、毎日の食事の確保や病気になった際のコストなどお金がかかるものです。

おまけに躾や散歩などペットのための時間を用意しなくてはならないため、自然と時間が削られてしまいます。その時間は飼い主が趣味に没頭する自由な時間がほとんどで、それによりストレスを感じてしまう人が多いとされています。

そのストレスは時間の削減以外にもあり、例を挙げるなら爪とぎによる壁や柱へのダメージです。犬の場合は吠え癖や噛み癖が挙げられますが、飼っていくうえでのコストの負担や予想外のトラブルが後悔を覚えさせる要因ではありません。

ロス、もとい死別もまた後悔をさせる要因です。死別による後悔は飼育していく最中に感ずる感情とは異なり、「こんな気持ちになるなら飼うんじゃなかった」や「もっと一緒に過ごせばよかった」など愛情の深さから生じています。

いずれにしても後悔する事はありがちとは言い難いものの、珍しくないです。

犬を飼って後悔する理由はしつけ関係?

犬を飼って後悔したと言う人も居ますが、なぜ後悔するのかと言うとしつけ関係が上手く行かなかったからという理由が多いです。しつけの中でも一番問題となっているのがトイレです。

屋内で飼う場合はいいのですが最近では屋内にて一緒に生活している人が多いです。屋内で一緒に生活するとなると決められた場所で犬にはトイレをしてもらわなければいけません。

トイレスペースを作ったのにスペースでしてくれなくて部屋が汚れてしまうという経験をした人が多く、何度言っても聞いてくれなくて飼ったのを後悔する人が多いです。

部屋が汚れても犬が掃除をしてくれるわけでもないので飼い主にストレスがどんどん溜まっていきます。トイレ問題で躓いてしまう場合はなんで飼ったんだろうと感じてしまいます。

また、他の理由として散歩中や来客が来た時も他人に向かって無駄に吠えることに対して後悔する人も多く居ます。犬の種類や性格にもよりますがうるさく吠えまくる犬に対してしつけが上手く出来ないと飼い主にも負荷が掛かります。

特に他人に向かって吠える場合は吠えられた相手は嫌な気分になるため変な顔をされたり、場合によっては怒ってくる人も居ます。飼い主は犬が吠えたことに対して謝らなければならなくてストレスが溜まり飼って後悔するという理由も多いです。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

桶に入った子犬

犬の種類で飼いやすい犬ランキング上位とは?初心者向けの犬は何犬?

犬の種類で飼いやすい犬ランキングに入ってくる種類は複数ありますが、その中でも初心者向けとして人気なのがトイプードルです。非常に人懐こい犬種であり、頭が良いとされています。誠実であまり吠えないことも飼いやすい理由になっています。賢いとしつけがしやすくて教えたことをすぐに覚えてくれますし、毛が抜けにくいことも大事なポイントです。室内で飼育していると抜け毛が気になることも多いので、できるだけ少ない犬種を選ぶと良いようです。

犬の種類の大型犬でランキングが上位は何犬?人気が低い大型犬は?

犬の種類の大型犬において、人気ランキングの上位にくるのはラブラドールレトリバーです。性格は非常に温和で、とても賢い傾向にあります。愛くるしい顔つきから、日本では大型犬の代表として幅広く支持されています。人間にもよくなつくので、一緒に遊んでいくうちに信頼関係を築き上げていくことができるでしょう。一方で人気が低いのは、グレートデンです。大型犬の中でも体高が高く、敷地の狭い日本では扱いにくいという問題があります。

犬のできものでピンク色は病気?黒や白いできものは膿が溜まってる?

犬のできもので皮膚の病気にいぼや突起上の腫瘍のようなできものを目にすることが有りますが、ピンクで1㎝以内の場合は良性なので心配有りませんが、大きくなっていく場合には獣医さんの診察を受けましょう。黒や白い犬のできものは、普通のイボ(良性)と悪性の腫瘍も考えられますので獣医の診察を受けることが重要です。犬が痒くてひっかいたり、なめたりして細菌が入り膿が溜まったり、その部分から出血する場合も有りますが、この場合はひどくなる前に治療をすれば、短期間で治すことが出来ます。

犬と抜け毛

犬の病気の皮膚病は脱毛が関係してる?皮膚病に効果抜群の薬とは?

犬の病気の一つには、皮膚病が挙げられます。主な皮膚の異常としては抜け毛が多いことが挙げられます。脱毛は通常でもみられることですが、量があまりに多すぎる場合には皮膚病を疑って獣医などにみせておくことは重要です。もしも皮膚病にかかっていることが診断された場合には、薬物を使用して治していきます。ただ、脱毛の種類によって有効な薬が変わってくる面があるため原因を特定することが大事でしょう。皮膚に効果抜群となる薬は、ホルモンがないのであればホルモンを外から投与したり、あるいは漢方を利用すると良いとされています。

犬がご飯を食べない理由や食べても吐く原因は病気の可能性あり?

犬がご飯食べない理由は様々あり、体調が悪くなくともただ単純にお腹が空いていなかったり、いつもと違う美味しい物を食べて通常出されるご飯に魅力を感じていないだけのわがままだったりと色々あるので暫く様子見で大丈夫です。ただ吐いてしまう場合は、回数と吐くスピードから病気の可能性が出てきますから、要注意です。例えば1日の間に2回以上吐き出してしまう場合や食事をしてすぐ吐いたりする時は、高い確率で愛犬の体内か食事自体に原因があるので、動物病院で診察を受けた方がいいです。