ワントピ!

Just another WordPress site

other

犬を飼って後悔した理由は何?犬を飼って後悔するのはありがちなの?

投稿日:

犬を飼って後悔した理由というと、亡くなったときの喪失感からなかなか抜け出せないというケースが見られます。

その他は、旅行に自由に行くことが出来ないという人は少なくありません。

ペットホテルに毎回預けると費用がかさんでしまいますし、ありがちなのがしつけが上手くいかなくてお互い生活のストレスになってしまうということも少なくないです。

後悔しないように、自分の生活のリズムや経済的な事を考えて計画的に飼うようにしましょう。

犬を飼いたくなる時はどんな時が多い?

人の足の上に乗る犬

犬を飼って後悔したという方も多いでしょう。高齢になった時に介護が大変になりますし、病気の際などの費用もかなり掛かります。

思い通りにならないことも多くなりますし、長期間家を上げるということも出来なくなるので、旅行などにも差支えることが多くなります。しかし、それでも再び犬を飼いたくなるという事もあるものです。

どのような理由で犬を飼いたくなるのでしょうか。まずは寂しくなった時が挙げられます。子供たちが巣立った時、また前に買っていたペットが亡くなった時などに特に強く感じることがある物です。

ペットとの死別ではすぐに飼いたいとは思いにくいですが、落ち着いてくると再びぬくもりやコミュニケーションが恋しくなってくるという事もある物です。また、子供の成長や高齢者の認知症対策として飼いたくなるという事もあります。

言葉を持たないペットだからこそ、学べることや出来る対応があるのです。その存在があることでプラスに働くという事であれば、少々の公開があっても飼ってみたいと思う事もあるのではないでしょうか。

いずれにしても、どのような形で大変なことをフォローしていくかという事は考えてから飼うことが必要となっていくでしょう。

犬を飼って後悔した人は多い?

犬を飼って後悔した人も多いようですので、どのような理由があるか買う前に把握して準備や心構えをする必要があります。犬は最初から言うことに従うものではないので、飼い始めに躾をするのが重要です。

個体差があるので、失敗すると様々な問題行動を起こします。躾の他にも毎日散歩に連れて行かなければならず、自由な時間が減ります。行動にも制限がかかるようになり、餌をやらずに家に留守番をさせ続けることはできません。

ペットの宿泊も可能な施設もありますが、数は少ないので選択肢が狭まります。忘れてはならないものがお金の問題です。犬の購入費用だけでなく餌やカット代、予防接種や怪我や病気などの際の治療費など多くの出費が発生します。

引越しする可能性がある場合には、ペットの飼育が可能な住居が見つからず、希望通りにいかなくなることも後悔の理由に挙げられます。

また、ずっと健康でいれば良いのですが、高齢になると目が見えなくなる、寝たきりになる、食事も満足にできなくなるなど介護が必要になる場合もあるので、それも考慮が必要です。

避けられないので覚悟しておかなければならないのが、犬との死別です。ペットロスと呼ばれる言葉もあるように、精神的に大きな影響を及ぼすこともあります。

犬を飼って後悔するのはありがち?

犬を飼って後悔した、そんな気持ちになるのは2つの理由が考えられます。1つは想定よりも手間がかかっている事、もう1つは深い愛情を持ってしまったからこそロスを抱えている事です。

前者は犬に限らず、ペットを購入する時点で始まっています。ペットは購入費だけでなく、毎日の食事の確保や病気になった際のコストなどお金がかかるものです。

おまけに躾や散歩などペットのための時間を用意しなくてはならないため、自然と時間が削られてしまいます。その時間は飼い主が趣味に没頭する自由な時間がほとんどで、それによりストレスを感じてしまう人が多いとされています。

そのストレスは時間の削減以外にもあり、例を挙げるなら爪とぎによる壁や柱へのダメージです。犬の場合は吠え癖や噛み癖が挙げられますが、飼っていくうえでのコストの負担や予想外のトラブルが後悔を覚えさせる要因ではありません。

ロス、もとい死別もまた後悔をさせる要因です。死別による後悔は飼育していく最中に感ずる感情とは異なり、「こんな気持ちになるなら飼うんじゃなかった」や「もっと一緒に過ごせばよかった」など愛情の深さから生じています。

いずれにしても後悔する事はありがちとは言い難いものの、珍しくないです。

犬を飼って後悔する理由はしつけ関係?

犬を飼って後悔したと言う人も居ますが、なぜ後悔するのかと言うとしつけ関係が上手く行かなかったからという理由が多いです。しつけの中でも一番問題となっているのがトイレです。

屋内で飼う場合はいいのですが最近では屋内にて一緒に生活している人が多いです。屋内で一緒に生活するとなると決められた場所で犬にはトイレをしてもらわなければいけません。

トイレスペースを作ったのにスペースでしてくれなくて部屋が汚れてしまうという経験をした人が多く、何度言っても聞いてくれなくて飼ったのを後悔する人が多いです。

部屋が汚れても犬が掃除をしてくれるわけでもないので飼い主にストレスがどんどん溜まっていきます。トイレ問題で躓いてしまう場合はなんで飼ったんだろうと感じてしまいます。

また、他の理由として散歩中や来客が来た時も他人に向かって無駄に吠えることに対して後悔する人も多く居ます。犬の種類や性格にもよりますがうるさく吠えまくる犬に対してしつけが上手く出来ないと飼い主にも負荷が掛かります。

特に他人に向かって吠える場合は吠えられた相手は嫌な気分になるため変な顔をされたり、場合によっては怒ってくる人も居ます。飼い主は犬が吠えたことに対して謝らなければならなくてストレスが溜まり飼って後悔するという理由も多いです。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

犬が震える原因は実はガン?元気があっても震えは病気の前兆?

犬が震える原因は熱中症や低体温症など体調不良が考えられます。特に低体温症は重大な病気から引き起こされている可能性があり、ガンであれば気温や状態に関係なく熱を持つのが特徴的です。もちろん、興奮や恐怖など人間と同様に精神的な理由で体を震わせる事はあります。その場合は元気だと判断しても良いものの、骨折などの痛みやストレスによって震わせる場合も多いです。いずれにしても犬が震える原因は異常の前兆と見なして良いですが、見極める方法として考えられる原因を確認しながら消去法で絞ったり散歩や食事などいつものサイクルで過ごせるかどうかを確かめたり等が挙げられます。

犬がご飯を食べない理由や食べても吐く原因は病気の可能性あり?

犬がご飯食べない理由は様々あり、体調が悪くなくともただ単純にお腹が空いていなかったり、いつもと違う美味しい物を食べて通常出されるご飯に魅力を感じていないだけのわがままだったりと色々あるので暫く様子見で大丈夫です。ただ吐いてしまう場合は、回数と吐くスピードから病気の可能性が出てきますから、要注意です。例えば1日の間に2回以上吐き出してしまう場合や食事をしてすぐ吐いたりする時は、高い確率で愛犬の体内か食事自体に原因があるので、動物病院で診察を受けた方がいいです。

家族

犬を飼う準備は室内か屋外かで準備するものや費用が大きく変わる?

室内飼いと屋外飼いを比較すると、室内の方が犬を飼う準備費用は高くなりがちです。理由は室内飼いの場合は準備すべき道具が多く必要になるからです。トイレシートやケージ、掃除用スプレーなどが必要となりますが、中でもコストが掛かるのがトイレ用品と言えます。消耗品ですので定期的な購入が欠かせずコスト増に繋がります。一方、屋外飼いの場合は、犬小屋やベッドなどを準備する程度に留まり、消耗品の購入も少なく、準備費用をはじめ継続的なコストの発生もしにくいです。

犬の年齢の平均寿命はどれくらい?長生きしてもらう方法はある?

犬種全体で見ると犬の平均寿命は13歳程度と言われています。犬種によって寿命は違い、一般に大型犬よりも小型犬の方が寿命が長くなる傾向があります。近年ではドッグフードの品質向上や動物医療の発展によって、平均的な犬の年齢は延びつつありますが、長生きをさせる方法を知ることでさらなる寿命の延長に期待ができるでしょう。例えばストレスを軽減してあげることが大切です。十分な散歩や飼い主との遊び、生活環境の改善などを心掛け、快適な暮らしを送れるよう配慮することが必要不可欠です。

犬が掘る仕草の意味はストレスが原因?掘る行動をやめさせるには?

犬が掘る仕草の意味はいくつかありますが、その中の原因の一つがストレスです。野生の犬には本来、本能として掘る行動が備わっています。犬種によって性格は様々ですが、中には遊び心を持って掘る行動をしている犬もいます。一方でペットで飼われている犬の場合は、ストレスによりこの行動を起こしている場合も多いです。やめさせる方法として有効なのが、原因となるストレスを取り除くことです。散歩に連れて行っていない場合には、連れて行くことで気持ちを和らげて上げることができます。