ワントピ!

Just another WordPress site

other

犬の下痢に血が混じる…食事も食べて元気はあるけどこれって病気?

投稿日:

犬の下痢は決して珍しいことではなく、人間と同様に水分の過剰摂取や一時的に腸内環境が悪くなってしまった際に起きてしまいます。

普通の下痢であれば2日程度で治ることが多いのですが、犬の下痢に加えて血が混じるような症状では問題がある可能性は否定できません。

数々の要因があり、食事も食べて元気があるという状態で考えた際には、肛門の周囲が切れてしまい、その血が流れている場合もあります。

この程度であれば問題ありませんが、継続して血が混じる場合は、大腸炎や炎症性腸炎、消化管の病気に掛かっている可能性があるので、早期に動物病院に連れていくことが基本です。

犬の糞が下痢になる時は?

元気のない犬

犬の下痢で血が混じることがありますが、これも正常な糞に少量血液が付くときやまれに起きる場合それほど心配はないですが、下痢から血便になったり赤いジャムのような糞は要注意です。

消化出来ない物を食べた時や、便秘などで糞が固いと直腸や肛門を傷つけることがあり、これだと少量血がついたりします。ただ、悪化すると便秘も病気なので水分を良く取って散歩に行くなど消化管の動きがよくなるように改善します。

改善しない時は食事療法や内服薬などを使います。犬の下痢は病気や食事の変更、食べ過ぎで起きることがありますが、腸の粘膜から出血があると血が混じることがあります。

犬の腸閉塞は感染性腸疾患だと細菌やウイルス、寄生虫などの病原体で感染することで腸の病気になり、炎症性腸疾患は原因不明の炎症で慢性的に消化器症状を起こして、腸粘膜が起こす異常な免疫反応が要因だと言われてます。

特定の食べ物に対してアレルギー反応を起こしたときも血が混じることもありますし、腫瘍が出来たときにも出たりします。腫瘍は腺癌やリンパ腫、平滑筋腫に平滑筋肉腫、炎症性ポリープなどです。

嘔吐や出血性の下痢を起こして数時間で症状が悪化する出血性胃腸炎もあって、原因はよくわかってませんが腸粘膜への過剰な免疫反応の可能性が高いと言われてます。

犬が下痢で血が混じる時の対処法は?

犬の下痢と言うのは決して珍しいことではなく、人間と同じように食事内容や環境の変化、ストレスなどを原因として起こることがあります。

下痢が1日でおさまる、あるいは1日の便の内、1回だけであると言うような一時的なものであったり、食欲は変わらない、そして元気もある場合は、それほど心配する必要はないと言われています。

一方で下痢が何日も、何回も続いていたり、食欲が減っている、元気もないと言う場合には注意が必要です。またそれと同時、犬の下痢の内容にも注目する必要があります。たとえばそのひとつが血が混じると言う状態です。

単に血が混じると言っても、痔のような症状が原因である場合もありますが、その裏側には大腸などの臓器の異常が隠れていることもあるためです。

そのためもし、犬の下痢に血が混じるようなことがあれば、食欲があっても元気があっても、それが一時的なものであっても即座に動物病院に行くのが正しい対処法です。

その際には、便の様子や混じっている血の色の様子などをしっかりと観察して、動物病院側に正しく伝えられるようにする必要があります。もし、夜間などで動物病院が空いていない場合ですが、自己判断で犬用の薬やサプリメントなどを与えるのは厳禁です。

できるだけ犬が安静に過ごせるようにし、ストレスがかからないようにするのが対処法です。

犬が下痢で血が混じるのは病気を疑うべき?

急性腸炎は犬の下痢が見られるもので、原因は感染(細菌、ウイルス、寄生虫)薬剤、中毒、食事、内臓疾患などが関連してきます。

犬の下痢を主な症状として原因や程度、病変の部位によって元気がなくなったり食欲不振になったり嘔吐や脱水、便に血が混じるといった症状が現れます。

通常は自然に改善していきますが原因や下痢の程度によっては改善するまでに、重篤な状態に陥ることがあります。原因がわかれば対処療法として、整腸剤や場合によっては点滴や抗生物質などの治療が行われます。

おなかの調子が完全に回復するまでは、低脂肪の消化が良い食事を与えることが必要です。

犬の下痢の原因には、炎症性腸疾患というものもあります。腸の粘膜内にある多数の炎症細胞が浸潤する腸疾患の総称で、リンパ球プラズマ細胞性腸炎や好酸球性腸炎が主な疾患です。

原因は不明ですが、食事アレルギーや免疫異常、腸内細菌の異常、寄生虫などが関連して発生するとみられています。軽症のものから難治性の場合もあります。

慢性的な下痢が主な症状で、小腸性では体重の減少、嘔吐などが見られ大腸性では犬の下痢やそれに血が混ざる症状が見られます。寄生虫が関連する場合には駆虫も必要になってきます。

犬が下痢でも食事も食べて元気があったら病気じゃない?

犬が下痢をしたり、便に血が混じることがあっても食欲があって普段の生活は元気な状態であれば、病気ではないと判断しがちです。

確かに犬の下痢は、必ずしも内蔵の病気が原因で起こるわけではなく、肛門などが便秘が続いたりウィルスが入って可能したことが原因で出血しているだけだということが考えられます。

ただ犬は人間のように話をすることができませんから、食欲があって元気があっても、常にその状態が続いているわけではありません。

飼い主が見ているときは元気であっても、一人で留守番をしていたり夜中に寝ているときには、痛みが出てしょんぼりしている可能性があるからです。

また犬の下痢は、内臓の病気だけではなく、寄生虫などが原因の可能性も多いです。寄生虫が、今が体調が良くても体内で少しずつ育って大きくなると、健康状態が急速に悪化してしまう可能性もあるからです。

犬の下痢や便に血が混じるというのは、本当に健康であれば起こることではありませんから、何かしらの異常が体内で起こっていることだといえます。

そのまま放置していても気になる病気にならないこともありますが、異常があるということは早めに獣医師に診察を受けて対処をしたほうが安心感が得られるでしょう。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

少年と犬

犬の年齢を人間換算することは可能?犬の年の数え方や平均寿命は?

犬の年齢を人間換算する際には、以前は犬の年齢に対して7を掛けることが主に行われてきました。現在では犬種の多様化や、単に7掛けでは正しい年齢が出ないという事例もあり、人間換算することは不可能ではありませんが、年の数え方には一律として計算することは難しいものです。1歳で人間換算で15歳になることが基本で、2歳では24歳、5歳では36歳が該当します。10歳になると56歳から70歳程度の幅があり、数え方は数年間は7掛け、10歳以降は6掛け程度が基本です。平均寿命も犬種で異なり、老化が始まるのは8歳からです。13歳から15歳程度が人間に例えた際の平均寿命に相当しています。

犬のイラスト

犬と泊まれる宿は関東にもあるの?高級な宿も存在するって本当?

空前のペットブームを反映し、旅行でも家族の一員として犬と泊まれる宿が注目されています。関東でもこうした宿は重宝されており、一緒に温泉に浸かれたり朝食までも用意されるサービスも展開しています。大抵は旅行の場合には宿泊場所の衛生上の問題もあるため、ホテルや旅館の犬の受け入れ体制が整っていないのが一般的です。しかしペットと一緒の旅行は利用者も喜ばれるため、そのサービスを展開している店が関東に存在します。そのなか人間が宿泊するだけでも高級な宿でも犬と泊まれる宿も存在し、愛犬と一緒に高級感でくつろぐことが可能です。

犬の年齢の平均寿命はどれくらい?長生きしてもらう方法はある?

犬種全体で見ると犬の平均寿命は13歳程度と言われています。犬種によって寿命は違い、一般に大型犬よりも小型犬の方が寿命が長くなる傾向があります。近年ではドッグフードの品質向上や動物医療の発展によって、平均的な犬の年齢は延びつつありますが、長生きをさせる方法を知ることでさらなる寿命の延長に期待ができるでしょう。例えばストレスを軽減してあげることが大切です。十分な散歩や飼い主との遊び、生活環境の改善などを心掛け、快適な暮らしを送れるよう配慮することが必要不可欠です。

犬の種類の小型犬でランキングが上位は何犬?人気が低い小型犬は?

小型犬は体型が小さいこともあり、外で鎖に繋いで飼うよりも家の中で飼うことができる犬の種類です。なかでもランキングで上位にくるのはトイプードル・シーズー・チワワで、室内犬の定番とも呼ばれるべき存在になります。逆に人気が低いのは、フレンチブルドックやパグで見た目のスマートさや可愛さがあまり見られないからです。ただ人気は飼いやすい性格の犬の種類が好まれるのも事実で、ミニチュアダックスフントが躾を上手にしないと凶暴さが残るので、見た目の良さよりも人気が低いこともあります。

ギネスのロゴマーク

犬の年齢でギネス世界記録に載っている長寿犬の年齢や犬種とは?

ギネス世界記録に登録されている長寿犬は、オーストラリアのビクトリア州で牧羊犬として生きたオーストラリアン・キャトル・ドッグのブルーイとなります。オーストラリアン・キャトル・ドッグという犬種は特殊な牧羊犬で、牛の誘導を主にしているのが特徴的です。通常、この犬の年齢は13歳から15歳までが寿命とされています。ブルーイは1910年から1931年までの記録があるため、年齢は29歳と5か月という長生きぶりです。