ワントピ!

Just another WordPress site

other

犬の服のブランドで人気があるのは?有名ブランドのコラボもある?

投稿日:

犬の服のブランドで人気があるのが、有名ブランドとのコラボの製品です。

シュプリームというストリートブランドと、ヴィトンがコラボレーションした製品はすぐに完売になってネット上でも高額で取引されています。

人気があるブランド同士が協力し合って作りあげた製品で世界中の富裕層の間で人気を博しているのが特徴です。

犬の服のブランドだけでなく、通常犬の服を作っていないメーカー同士がコレボレーションしているケースも多く見られます。

犬の服で人気があるブランドは何処?

服を着た犬

犬のために良い服を着せてあげたい方にとって、犬の服のブランドにはこだわりがあると思います。犬の服に実際様々な物が売られており、人気がある物があるためそれを選ぶのがおすすめです。

ドギードリーというブランドは、おしゃれに快適に過ごせるようにとのコンセプトで作られているブランドで、とても人気があります。服以外にも快適に過ごせる家具や食器、おもちゃなども販売していて、好きな人はこのブランドで統一しているほどです。

カルルという犬の服のブランドも人気があります。こちらの特徴は、様々なランドとライセンス契約を結んでおり、こだわりの製品を用意していることです。犬の服のと自分の服を同じブランドで統一することもできるので、飼い主にとってはとても魅力があります。

フリーステッチというブランドも人気です。こちらは、スタイリッシュなデザインの犬の服を販売していて、どんな犬でも着こなすことができるというのが特徴的で、選びやすいのが選ばれている理由でしょう。

このように、犬の服のブランドは様々な種類があり、それぞれ違った特徴を持っています。自分で選ぶ場合はコンセプトやデザインが気に入るかどうかで選ぶと満足できるはずです。

犬の服にも有名ブランドのコラボがある?

犬の服のブランドというと、犬専門のブランドを想像する人が多く居るのではないでしょうか。しかし、人間が身に着ける洋服やバッグなどのブランドからコラボレーションという形で発表されているアイテムは少なくありません。

特に人気があるブランド同士がコラボレーションしたものは、即日完売になるだけでなくネットでも高値で取引されたり手に入りにくいといった特徴があります。

犬の服はリーズナブルなものでは1000円前後で購入することが出来る物もありますが、有名ブランド同士のコラボレーションの場合、定価でも数万円を下ることはありません。

高値になってネットで転売されている場合は10万円を超えるアイテムもあるほどです。血統書付きの犬にブランド服を着せるというスタイルは世界中で人気を集めています。

しかし、人気ブランドがコラボレーションしたアイテムも注目を集めており、発表されるたびに完売しています。

欲しい人はネットですぐに購入するという方法もありますが、即日完売することが殆どですので高値で販売されているものを購入している人も少なくありません。

有名ブランドの物が欲しい場合には、SNSなどの情報を頻繁にチェックしておくと良いでしょう。

犬が服を着るのを嫌がるのは何故?

犬は自前の毛で体を保護しているから、本来なら服に頼る必要はありません。服の役割というものを理解しているわけではないので、犬が服を嫌がるのは邪魔なものに感じてしまうからです。

圧迫されたり、体を舐めることができなくなったりすることでストレスも感じるでしょう。だから、慣れないうちに無理に着させるのは避けなければなりません。

体温調節するとき犬は汗を大量にかくのではなく、舌を出してハァハァとパンティングをしています。毛にプラスして服の暖かさがあることで、パンティングだけでは体温を下げる事ができなくなっていることも考えられます。

暑い日にまで服を着させて外出するのは避けたほうが無難です。犬の服のブランドが人気で、散歩のときに着せて歩きたいとか写真を撮ってSNSにアップしたいと考えたとき、無理に着させるのはよくありません。

元気がなくなってしまったり、皮膚炎を起こしたりする恐れだってあるでしょう。着てくれる服と嫌がって着ない服があるときには、ニオイや服から出る音が嫌いな可能性があります。

新しいおろしたての服は染料やオイルのニオイがきつい場合があります。金具が使われているときや、素材によっては動くごとにカシャカシャ音が出るタイプもあるので注意が必要です。

犬の服のブランドが人気だからと行った理由だけで選ばず、好んできてくれそうなデザインの服を一度洗ってから着させましょう。

犬に服を着させるメリット・デメリットは?

犬に服を着せるのは今や特別なことではなく、人気の犬の服のブランドも数多くあります。しかし犬に服を着せるのにはどういうメリットとデメリットがあるのでしょうか?今回はそれをご紹介したいと思います。

まず大きなメリットとしては、散歩時に毛が汚れないことです。犬は地面に近いので散歩時に路上から舞い上がる埃や砂が毛につきますが、服を着ているとそれを防いでくれます。

そして汚れだけではなく、ダニや虫に刺される予防にもなるので犬の健康の為にも重要です。次に抜け毛対策としても役立ちます。他人のお宅に行く時や、ドッグカフェなどを利用する時に犬の抜け毛で迷惑をかけたくないですよね。

服を着ていると抜け毛が落ちるのが大分少なくなります。最後に寒冷地域出身の犬種などは寒さに弱い特徴があります。しかし冬でも犬に運動はさせなくてはいけません。

そんな時、犬が寒さに弱ってしまわないよう服で防寒対策をするのは必須でしょう。一方デメリットととしては、服を着ることで毛が毛玉になったり、服に付いている装飾品を飲み込んでしまうことなどが挙げられます。

そして一番注意が必要なのは服を着るのを嫌がる犬もいますから、着せる時には関節などを痛めないよう優しく着せてあげることが大切です。

このようにそれぞれメリットとデメリットが両方あります。犬の状態をよく考えてあげて、快適に過ごせるよう工夫して服を着せましょう。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

犬のゲージを室内に配置するならどこ?トイレ別に配置した方がいい?

犬のゲージを室内に配置する時に一番気をつけることはその場所が快適かどうかです。直射日光が当たらず風邪通しの良い場所で、人通りのないゆっくりと落ち着ける場所に置きます。人が通らない場所といっても部屋の隅っこではさみしがったり水などがなくなっていても気づかないことがあるので、目につきやすいことがベストです。トイレはトイレトレーニングができていない時には緊急用にゲージの中に置いても構いませんが、トレーニングが完了した時にはトイレ別にして、眠る場所とトイレがはっきり分かれることが大切です。

犬の年齢の平均寿命はどれくらい?長生きしてもらう方法はある?

犬種全体で見ると犬の平均寿命は13歳程度と言われています。犬種によって寿命は違い、一般に大型犬よりも小型犬の方が寿命が長くなる傾向があります。近年ではドッグフードの品質向上や動物医療の発展によって、平均的な犬の年齢は延びつつありますが、長生きをさせる方法を知ることでさらなる寿命の延長に期待ができるでしょう。例えばストレスを軽減してあげることが大切です。十分な散歩や飼い主との遊び、生活環境の改善などを心掛け、快適な暮らしを送れるよう配慮することが必要不可欠です。

家族

犬を飼う準備は室内か屋外かで準備するものや費用が大きく変わる?

室内飼いと屋外飼いを比較すると、室内の方が犬を飼う準備費用は高くなりがちです。理由は室内飼いの場合は準備すべき道具が多く必要になるからです。トイレシートやケージ、掃除用スプレーなどが必要となりますが、中でもコストが掛かるのがトイレ用品と言えます。消耗品ですので定期的な購入が欠かせずコスト増に繋がります。一方、屋外飼いの場合は、犬小屋やベッドなどを準備する程度に留まり、消耗品の購入も少なく、準備費用をはじめ継続的なコストの発生もしにくいです。

犬が震える原因は実はガン?元気があっても震えは病気の前兆?

犬が震える原因は熱中症や低体温症など体調不良が考えられます。特に低体温症は重大な病気から引き起こされている可能性があり、ガンであれば気温や状態に関係なく熱を持つのが特徴的です。もちろん、興奮や恐怖など人間と同様に精神的な理由で体を震わせる事はあります。その場合は元気だと判断しても良いものの、骨折などの痛みやストレスによって震わせる場合も多いです。いずれにしても犬が震える原因は異常の前兆と見なして良いですが、見極める方法として考えられる原因を確認しながら消去法で絞ったり散歩や食事などいつものサイクルで過ごせるかどうかを確かめたり等が挙げられます。

犬のイラスト

犬と泊まれる宿は関東にもあるの?高級な宿も存在するって本当?

空前のペットブームを反映し、旅行でも家族の一員として犬と泊まれる宿が注目されています。関東でもこうした宿は重宝されており、一緒に温泉に浸かれたり朝食までも用意されるサービスも展開しています。大抵は旅行の場合には宿泊場所の衛生上の問題もあるため、ホテルや旅館の犬の受け入れ体制が整っていないのが一般的です。しかしペットと一緒の旅行は利用者も喜ばれるため、そのサービスを展開している店が関東に存在します。そのなか人間が宿泊するだけでも高級な宿でも犬と泊まれる宿も存在し、愛犬と一緒に高級感でくつろぐことが可能です。