ワントピ!

Just another WordPress site

other

犬に好かれる人の特徴とは?また犬に好かれる方法やコツは何?

投稿日:

犬は耳から聞こえてくる音に敏感に反応するため、犬に好かれる人には共通して犬にとって負担にならない穏やかでゆっくりとした話し方をするという特徴があります。

そのため、犬が行う仕草などに感激しても大きな声を出したり突如として身体を大きく動かす素振りを見せないようにしつつ、ゆったりとした声の抑揚と動きも意識して犬に接するようにする事がコツです。

また、犬は安心材料を求める性格をしているので人間が近づいていくのではなく、あえて近寄ってくるまで穏やかに待ち、安心してもらってからコミュニケーションを取るようにする事も好かれる方法です。

犬に好かれる人の特徴は?

犬に抱きつく人

犬と仲良くなりたいと考えていても、彼ら自身にも好みがあり、誰でも仲良くなれるとは限りません。やはり犬から見ても仲良くしやすい人と、し難い人がいるようです。

そこで犬に好かれる人はどのような特徴があるのか考えて見ましょう。特徴としていくつか挙げられますが、先ずは落ち着いた印象のある人が好かれます。

明らかに警戒心を持っていたり、オドオドとした様子ですと、犬のほうもこうした動きを敏感に感じてしまいます。彼らは嗅覚が鋭く、ちょっとした緊張による汗も感じ取れたりします。

そうすると彼らも警戒して、うかつに近づこうとはしなくなってしまいます。リラックスした印象で、気軽にゆっくり近づいてくる人だと犬も安心感を持てます。自分に敵意がない存在であれば犬も好意を持ちやすいでしょう。

また、犬は予想していないような素早い動きも嫌います。突然後ろから近づいて、尻尾を掴んだり、急に目の前でしゃがんだりすると、びっくりしてしまいます。

こうした不用意な接近や行動を犬は嫌う傾向があります。逆に犬の視界に入った状態で、こちらから接近せずあちらか来るように声をかけてあげましょう。犬のほうから主体的に来るように仕向けてあげると、安心して近づいてくれます。

犬に嫌われる人の特徴は?

犬に好かれる人もいれば嫌われる人もいますが、これらには特徴があります。嫌われる人は犬のことを理解しておらず、嫌がる・怖がることなどをしているのが大きな原因です。

小さな子供などがやりがちな行動ですが、奇声のような高く大きな声で騒ぐのは犬は恐怖を感じます。犬が好きな人はつい触りたくなりますが、頭の上から撫でようとしたり抱き上げる、手足や尻尾を触るなども避けるべきです。

特にいきなり触るのは怒った犬に噛まれる危険性もあります。犬は匂いに敏感なので、香水などの強い匂いを付けている場合も注意が必要です。

飼い主であれば犬の目を見つめてアイコンタクトを取り、それで喜ぶことがありますが、これも相手が飼い主であることが重要です。信頼関係のない相手が正面から見つめるのは、威嚇しているように思われるので嫌がられます。

犬を飼う側も注意しなければならない行動があります。可愛いと感じるといつまでも構っていたくなりますが、犬も疲れていて放っておいて欲しい時もあるので、様子を見て必要以上に構うのはやめた方が良いです。

犬の躾をする時は叱ることは大事ですが、ただ叱っていれば良いというものではありません。悪いことをした時にそのタイミングで行わないと、なぜ叱られたのか分からずに嫌がらせされていると思われます。

このように原因になる行動があるので、それに注意して犬に接すると良いです。

犬に好かれる方法やコツは?

犬が好きでもなぜか嫌われていしまうという人もいますが、犬に好かれる方法やコツがあります。犬に好かれる人もいますが、犬に好かれる人には特徴があります。

特徴は犬への接し方を心得ており、落ち着いており、サインを理解できる人です。犬に好かれる人は、犬の正面にいきなりしゃがむことは無く、尻尾や頭の上から触ったり、目をじっと見つめたりはしません。

犬だけではなく人間も知らない人がいきなり真正面に立ったり、目をじっと見つめられて頭を触られたら嫌なものです。触る時には頭の上や背後からではなく、首の下や胸などから手の甲から何気なく近づき少し撫でて様子を見るように触ります。

可愛い犬を見るとつい人も興奮してしまいがちですが、犬に好かれる人になるには、落ち着いて接する事が大切です。落ち着いた声でゆっくり話しかけたり、大きな声や甲高い声ではしゃぐことはせず、ゆっくり動くようにします。

犬がサインを出すこともあります。犬がじっと見つめてきたら警告のサインで、あくびをしたら相手や自分に対して落ち着こうというサインです。これらのサインを見かけたらそれを理解してあげることが必要です。

犬に好かれる人には特徴があります。人に対する行動と同様に犬にも優しく落ち着いて接するようにすると良いです。

犬に好かれるには犬の性格も関係ある?

犬に好かれる人の特徴に犬の性格も含まれているのは確かです。正確には犬とのコミュニケーションが上手いと言えます。犬の性格は大型犬や中型犬、それに小型犬といった体のサイズでも分類が可能です。

さらに犬種となればその性格は様々で、人懐っこいけど撫でられるのが嫌な犬もいれば臆病だけど人が大好きな犬もいます。

こうした多種多様な性格を把握したうえで接していくのが一番ですが、コミュニケーションの基本さえ掴んでいればどのような人でも好かれやすいです。犬に好かれる人は、その基本が出来ています。

その基本とはまず、むやみやたらに近づいたり抱き着いたりしない事です。これは体のサイズが大きく関わっており、小型犬や中型犬にとってたとえ子供でも大きな生き物に見えます。

そんな生き物がいきなり近づいたらパニックになるのは当然です。大型犬の場合は抱き着いた際に受ける衝撃に驚き、パニックになってしまいます。

まずは手を近づけて自分の匂いを嗅がせる事がスタートです。臭いを嗅がせる事は犬にとっては挨拶で、これにより敵意がない事をアピールできます。

この時に目線を同じにしてもいいですが、目を合わせないようにする事が大切です。目を合わせるという行為は犬にはタブーで、喧嘩になるほど嫌だと言われています。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

犬の年齢の平均寿命はどれくらい?長生きしてもらう方法はある?

犬種全体で見ると犬の平均寿命は13歳程度と言われています。犬種によって寿命は違い、一般に大型犬よりも小型犬の方が寿命が長くなる傾向があります。近年ではドッグフードの品質向上や動物医療の発展によって、平均的な犬の年齢は延びつつありますが、長生きをさせる方法を知ることでさらなる寿命の延長に期待ができるでしょう。例えばストレスを軽減してあげることが大切です。十分な散歩や飼い主との遊び、生活環境の改善などを心掛け、快適な暮らしを送れるよう配慮することが必要不可欠です。

犬のゲージを室内に配置するならどこ?トイレ別に配置した方がいい?

犬のゲージを室内に配置する時に一番気をつけることはその場所が快適かどうかです。直射日光が当たらず風邪通しの良い場所で、人通りのないゆっくりと落ち着ける場所に置きます。人が通らない場所といっても部屋の隅っこではさみしがったり水などがなくなっていても気づかないことがあるので、目につきやすいことがベストです。トイレはトイレトレーニングができていない時には緊急用にゲージの中に置いても構いませんが、トレーニングが完了した時にはトイレ別にして、眠る場所とトイレがはっきり分かれることが大切です。

お手をする犬

犬のしつけでトイレを覚えないのは何故?成犬になってからは手遅れ?

愛犬と暮らしていくためには、しつけをしっかりと行っていくことが大切だといえます。犬のしつけでトイレを覚えない理由として、排泄をすると叱られると勘違いをしている、間違った場所で排泄することが習慣になっている、といったことが挙げられるでしょう。成犬になってからも、時間をかけて教えていけばしつけることは可能です。子犬よりも長い期間が必要となるかもしれませんが、適切なしつけを続けていけば成功させることができるでしょう。

犬の種類の大型犬でランキングが上位は何犬?人気が低い大型犬は?

犬の種類の大型犬において、人気ランキングの上位にくるのはラブラドールレトリバーです。性格は非常に温和で、とても賢い傾向にあります。愛くるしい顔つきから、日本では大型犬の代表として幅広く支持されています。人間にもよくなつくので、一緒に遊んでいくうちに信頼関係を築き上げていくことができるでしょう。一方で人気が低いのは、グレートデンです。大型犬の中でも体高が高く、敷地の狭い日本では扱いにくいという問題があります。

ギネスのロゴマーク

犬の年齢でギネス世界記録に載っている長寿犬の年齢や犬種とは?

ギネス世界記録に登録されている長寿犬は、オーストラリアのビクトリア州で牧羊犬として生きたオーストラリアン・キャトル・ドッグのブルーイとなります。オーストラリアン・キャトル・ドッグという犬種は特殊な牧羊犬で、牛の誘導を主にしているのが特徴的です。通常、この犬の年齢は13歳から15歳までが寿命とされています。ブルーイは1910年から1931年までの記録があるため、年齢は29歳と5か月という長生きぶりです。