ワントピ!

Just another WordPress site

other

犬と遊べる施設で関東おすすめスポットはどんな施設がある?

投稿日:

犬と遊べる施設で関東のおすすめスポットの1つに、茨城県でキャンプが楽しめるフォンテーヌの森があります。

此処はペットは無料で泊まることができますし、犬と一緒に自然の中で遊ぶことや自然の空気を満喫することができます。

都心から1時間なので気軽に行けますし、キャビンタイプの施設だったらテントを準備する必要は無く手軽に楽しめます。

犬はキャンプ場ではリードを付けてキャビン内ではゲージを使うことになります。バーベキューもでき、事前予約をすることで手ぶらでいってバーベキューを楽しむ事も可能です。

犬と遊べる施設はどんな設備なの?

子供の上に乗る犬

犬を飼いたいけれど、住んでいるマンションがペット禁止であったり、家族にアレルギー症状があるので飼えないという人は少なくありません。

実際に犬を含めた動物はとても可愛いですが、ペットとして飼うとなると寿命を迎えるまで責任を持って育てることになったら、病気になったり毎日の食事などにかかる費用は想像よりも大きいです。

そこでペットで飼うことは断念したけれど、犬とは遊びたいという人のために、関東には犬と遊べる施設があります。そこでは様々な犬種が揃っていて、気に入った犬を選んで遊ぶことができるようになっています。

レストランなども完備されており、そこでは犬も安心して食べられるように作られたメニューが用意されています。犬と遊べる施設では、気に入った犬のためにメニューを注文したらい、一緒にレストランで食事をすることができます。

その他にも広々としたドッグランが完備されていますから、自然の中で犬と一緒に駆け回ったりして思いっきり遊べます。トレーナーさんが在籍しているので、初めて犬と遊ぶ時にも、楽しめるようなアドバイスが得られます。

これからペットを飼いたいけれど、犬種や大きさに迷っている人も、犬と遊べる施設を訪れて体験することでペットと暮らす生活を疑似体験することができます。

関東で犬と遊べる施設おすすめスポットは何処?

関東には、犬と遊べる施設が色々とあります。その中でも特におすすめなのは、世界の名犬牧場です。こちらは群馬県にあるコミュニティパークで、日本最大級の規模と言っても過言ではありません。

愛犬を遊ばせたい人はもちろんのこと、普段は犬を飼っていないけれど触れ合いたいという人にも絶好のスポットでしょう。そんな世界の名犬牧場では、広大な敷地とドッグラン、犬用の様々な器具などがあります。

大型犬だけを集めた触れ合いスペースもありますし、自然生薬を使ったサプリメントプールまであるのは特徴的です。ドッグランやこうしたプールでは、犬の体格に合わせて遊ばせるエリアを変えられるため、犬同士によるトラブルなどもほぼありません。

安心して、犬と優雅なひと時を過ごすことができるでしょう。他には、ドッグカフェもあります。ここで他の愛犬家の人たちと親睦を深めたりもできますし、犬専用のメニューもあるのでご褒美に食べさせてあげてもいいです。

1日中時間が費やせるほど充実しているので、関東で犬と遊べる施設を探している人はチェックしてみてください。ちなみに料金は、大人が650円で犬は450円です。人と犬でそれぞれに料金設定が違うため、そこだけは注意するようにしましょう。

犬と遊べる施設の平均料金は幾ら?

犬と遊べる施設の平均料金は、約1000円くらいから見積もっておけば安心です。特に最近ではドッグランが主流となっており、関東を中心に施設数が増えている実態もあります。

自宅から近いからといって高額なところに行ってしまうと損ですから、しっかりそういった相場は把握しておきましょう。また一言に犬と遊べると言っても、本当にピンキリです。

例えば単純に走り回れるだけの広いスペースのみ用意しているところもあれば、飼い主と犬が一緒に楽しめるレストランが併設されている場合もあります。

他にはブリーダーが常駐して躾のアドバイスを貰えたり、実際に訓練できるところもあったりします。できることが多い施設は料金も高額になりがちなため、訪れる前に金額と中身のバランスを把握しておくのがおすすめです。

それから料金体制についても、飼い主と犬でバラバラに設定している施設があります。先述のように1000円から見積もっておけば大抵は問題ないものの、家族みんなで行って予想以上に出費したというのは珍しい話ではありません。

多頭飼育をしている人にも大切なことですから、こちらも事前のリサーチは必須と考えておきましょう。色々な施設で遊んでみて、犬のリアクションを見てみるのもいいかもしれません。

犬と遊べる施設で無料の場所は無い?

犬と遊べる施設を関東で見つけたいなら、那須千本松牧場がおすすめです。都心からから約140kmで西那須野塩原インターチェンジのすぐそばに位置しているため観光にも最適です。

1200台の駐車場を完備しており、愛犬を連れて行っても安心して駐車できるのも嬉しいポイントです。しかも、こちらは入園料も駐車料金も無料なので安心して緑の中で遊べる魅力もあります。

1200㎡以上の広さがある大型ドッグラン施設を保有しているので、無料で入園できて犬と遊べる施設まで利用できるので愛犬家にはおすすめのスポットです。ただし、ドッグランの利用には1時間なら500円、フリータイムなら1000円がかかります。

しかし、こういった広大な施設を無料で利用できるところは関東でも少ないことを考えれば、ドッグランだけの費用を支払うだけで遊べるようになり、広大な敷地で思いっきり走らせることもできるのでお得な施設だといえるのではないでしょうか。

愛犬と一緒に緑豊かな那須千本松牧場のドッグランで、楽しい時間を共有してみるのもおすすめです。

犬と遊べる施設で無料のところは関東でなかなか見つけにくい中、こちらの那須千本松牧場は魅力ある施設が充実しているのも大きな特徴であり多くの方に親しまれています。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

犬の種類の中型犬でランキングが上位は何犬?人気が低い中型犬は?

犬の種類の中で中型犬はほど良い体格なので散歩も楽です。その中でもランキング上位の犬がコーギーです。コーギーは頭が良く物覚えが良いため飼いやすいからです。また日本犬として知られる柴犬は、忠誠心が高く飼い主には従順なのですが他人には懐かないので番犬向きでもあります。中型犬の中で人気が低いのは、性格的に気質が難しい犬種です。ビーグルは垂れ耳が可愛い犬ですが、無駄吠えするのでしつけが難しいです。牧羊犬として有名なボーダーコリーは賢い犬なのですが、その分しつけが難しく言うことを聞かない子に育つこともあります。

犬のゲージを室内に配置するならどこ?トイレ別に配置した方がいい?

犬のゲージを室内に配置する時に一番気をつけることはその場所が快適かどうかです。直射日光が当たらず風邪通しの良い場所で、人通りのないゆっくりと落ち着ける場所に置きます。人が通らない場所といっても部屋の隅っこではさみしがったり水などがなくなっていても気づかないことがあるので、目につきやすいことがベストです。トイレはトイレトレーニングができていない時には緊急用にゲージの中に置いても構いませんが、トレーニングが完了した時にはトイレ別にして、眠る場所とトイレがはっきり分かれることが大切です。

犬が掘る仕草の意味はストレスが原因?掘る行動をやめさせるには?

犬が掘る仕草の意味はいくつかありますが、その中の原因の一つがストレスです。野生の犬には本来、本能として掘る行動が備わっています。犬種によって性格は様々ですが、中には遊び心を持って掘る行動をしている犬もいます。一方でペットで飼われている犬の場合は、ストレスによりこの行動を起こしている場合も多いです。やめさせる方法として有効なのが、原因となるストレスを取り除くことです。散歩に連れて行っていない場合には、連れて行くことで気持ちを和らげて上げることができます。

犬の種類の大型犬でランキングが上位は何犬?人気が低い大型犬は?

犬の種類の大型犬において、人気ランキングの上位にくるのはラブラドールレトリバーです。性格は非常に温和で、とても賢い傾向にあります。愛くるしい顔つきから、日本では大型犬の代表として幅広く支持されています。人間にもよくなつくので、一緒に遊んでいくうちに信頼関係を築き上げていくことができるでしょう。一方で人気が低いのは、グレートデンです。大型犬の中でも体高が高く、敷地の狭い日本では扱いにくいという問題があります。

犬を飼って後悔した理由は何?犬を飼って後悔するのはありがちなの?

犬を飼って後悔した理由というと、亡くなったときの喪失感からなかなか抜け出せないというケースが見られます。その他は、旅行に自由に行くことが出来ないという人は少なくありません。ペットホテルに毎回預けると費用がかさんでしまいますし、ありがちなのがしつけが上手くいかなくてお互い生活のストレスになってしまうということも少なくないです。後悔しないように、自分の生活のリズムや経済的な事を考えて計画的に飼うようにしましょう。