ワントピ!

Just another WordPress site

other

犬と泊まれる宿は関東にもあるの?高級な宿も存在するって本当?

投稿日:

空前のペットブームを反映し、旅行でも家族の一員として犬と泊まれる宿が注目されています。

関東でもこうした宿は重宝されており、一緒に温泉に浸かれたり朝食までも用意されるサービスも展開しています。

大抵は旅行の場合には宿泊場所の衛生上の問題もあるため、ホテルや旅館の犬の受け入れ体制が整っていないのが一般的です。

しかしペットと一緒の旅行は利用者も喜ばれるため、そのサービスを展開している店が関東に存在します。

そのなか人間が宿泊するだけでも高級な宿でも犬と泊まれる宿も存在し、愛犬と一緒に高級感でくつろぐことが可能です。

犬と泊まれる宿の衛生面は大丈夫?

男女と犬

これまではペットと一緒に宿泊ができるホテルが、関東圏にはほとんどありませんでした。ところが最近では関東圏の各地域に、犬と泊まれる宿が豊富に設けられました。

昨今のペットブームを受けて、元々はペットNGだった老舗ホテルや旅館などもOKになって来ているのです。今まで旅行の時は、愛犬をお隣さんに預けたりペットホテルに預けるしかありませんでした。

しかし、これからは普通に犬と泊まれる宿を選べば、様々な関東圏の観光地に足を伸ばせます。犬と泊まれる宿で少し気になるのが衛生面です。

愛犬と一緒に宿泊したいけれど、不快な匂いがしないだろうか、部屋に他の犬の毛などは落ちていないだろうか、と不安な気持ちになられる方々も多いはずです。

基本的に関東圏にある犬と泊まれる宿は衛生面が非常に行き届いており、いわゆる普通のホテルや旅館とまるで同じ感覚で泊まれます。スタッフの方が、非常に丁寧に清掃と衛生管理を行ってくれているためです。

そのため動物の匂いが苦手な方、愛犬が他の犬の毛や体臭に敏感な場合でも、関東の犬と泊まれる宿なら安心出来ます。ただし念のため、実際に予約する際は先に関東の犬と泊まれる宿の口コミ、評判を見ておきましょう。

犬と泊まれる宿は関東にもある?

ワンちゃんを飼っていても一緒に旅行をすることができます。関東にも犬と泊まれる宿はたくさんあります。箱根は関東でも人気の温泉地です。都心からもわずか1時間半なので、愛犬を連れて旅行に行くにも最適の場所です。

ペットと泊まれる宿も多く、愛犬家には最適な旅行先です。温泉付きの宿や、ペットと一緒に食事ができる宿も数多くあります。さらに周辺には、ワンちゃんと楽しめる観光スポットもいっぱいあるのでお勧めです。

箱根の他にも千葉にもたくさん犬と泊まれる宿があります。都心からアクセスしやすく、海や温泉も楽しめる人気の観光地です。ドッグランが併設している宿や、旅慣れしていないワンちゃんでも安心して泊まれるような宿が揃っています。

箱根や千葉以外にも、関東にはたくさんの犬と泊まれる宿がいっぱいあります。関東で犬と泊まれる宿を探すなら、ネット検索がお勧めです。自分の行きたい旅行先を指定し、「犬と泊まれる宿」を検索すればすぐに見つけることができます。

口コミやランキングも同時に見ることができるので、素敵な宿を見つけやすくなります。そのまま予約もできるうえ、ネット割引などお得に宿を探すことができます。色んなプランを比較することができ、記念日旅行などの計画にもお勧めです。

犬と泊まれる宿の平均利用料金は?

旅行へ行くときには、本来は犬や猫などのペット類は誰かに預けるか、代わりに世話をしてくれる人を依頼するなどの方法がベストです。

しかし犬は比較的に賢い動物でしつけをしっかりすれば車内でも大人しい点もあり、犬が乗り物に慣れていれば、一緒に同伴で旅行することもできます。

家族の一員として犬は飼われている事情もあり、一緒に旅行ができれば楽しい思い出になるはずです。関東にも多くのホテルや旅館で犬と泊まれる宿が存在するため、そういった宿泊施設にあらかじめ予約を行うことで利用することができます。

気になる料金ですが、大人一人と犬一匹であれば1~3万円の価格帯で、宿泊することができる施設が多いです。当然に関東で大人一人だけ宿泊できる宿がありますが、それよりもペット同伴の分だけ割高になる傾向は存在します。

宿によっては、犬一匹に関して施設利用料金が加算される仕組みになっており、それは3,000~5,000円の範囲で設定されることが多いです。しかしそれでもほぼ大人一人の宿泊分に、少し割高になるのが料金相場になります。

平均の利用料金に関しては、1泊2日であれば1万5,000円前後です。犬と泊まれる宿であっても温泉や犬向けのドッグランなどの設備も揃っており、食事に関しても犬向けの食事も付いています。

犬と泊まれる宿には高級な宿もある?

犬と泊まれる宿の中には、驚くほど高価な宿もあります。実は以前はそうでもなかったのですが、ペットブームの加熱に伴い宿泊ビジネスにも色々な変化が見られるようになりました。

犬と泊まれる宿もその1つで、犬専用のスイートルームなども今では珍しくないのです。では具体的にどれくらいの値段なのか、大体相場で言うと1泊につき数万円の宿もあります。

食事もしっかり犬用の豪華なものが用意され、ドッグランなどの運動できる設備も整っているから驚きです。特に関東の観光名所には犬と泊まれる高級宿も多く存在し、犬同伴で旅行などをしたい人からすると関東は絶好のエリアでしょう。

もちろん、リーズナブルな宿も沢山あります。ペットホテルではなくあくまで飼い主も一緒に泊まれる宿ですから、人間にとって過ごしやすいかどうかも重要なポイントなのです。

ですから泊まる際には何を重視するか決めておき、後悔しないよう選んでみてください。同時に、高級な宿ほど犬にとって幸せとも限りません。飼い主と一緒にどこかへ出掛ける、それだけでも十分です。

宿の値段で思い出の良し悪しが変わるわけでもありませんし、無理に背伸びをして高級宿を利用することもないでしょう。お財布と相談の上、それぞれに合った良い宿を見つけてください。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

犬を電車に乗せるには料金は不要?電車に乗せるにはバック?カート?

犬を電車に乗せる時に発生する料金は、鉄道会社によって異なってきます。基本的には運行の支障を及ぼすことなく、また周囲の利用者に迷惑をかけないように工夫しなければなりません。このため、ルールとしては犬が自由に出入りすることができないように出来る専用のカートやバックを利用する必要があります。またこのようなカートやバックに入る程度の大きさですから、持ち込めるのは小型犬程度です。なお、料金は手回り品という扱いになり、運行距離の短い私鉄の場合には、不要のところが多くJRの場合には大きさに応じて手回り品料金として1個280円が必要です。

犬のゲージを室内に配置するならどこ?トイレ別に配置した方がいい?

犬のゲージを室内に配置する時に一番気をつけることはその場所が快適かどうかです。直射日光が当たらず風邪通しの良い場所で、人通りのないゆっくりと落ち着ける場所に置きます。人が通らない場所といっても部屋の隅っこではさみしがったり水などがなくなっていても気づかないことがあるので、目につきやすいことがベストです。トイレはトイレトレーニングができていない時には緊急用にゲージの中に置いても構いませんが、トレーニングが完了した時にはトイレ別にして、眠る場所とトイレがはっきり分かれることが大切です。

犬の血便はストレスが原因だった?嘔吐や食欲不振が続くと危険?

犬の排泄物は、健康を知るためのバロメーターとも言われています。では犬の血便は、何を意味しているのかというとストレスを感じていることが原因です。人間も肉体が精神に影響されることがありますが、犬も同様です。過度のストレスで胃や腸などの消化器官に問題が出てくる事がよくあります。ですから、犬の血便だけでなく、嘔吐や食欲不振といった症状もストレスを感じているサインとして考えられるので、長く続いているときには治療が必要な状態に陥っているかもしれません。すぐに病院で獣医師に診てもらうべきです。

犬の種類の中型犬でランキングが上位は何犬?人気が低い中型犬は?

犬の種類の中で中型犬はほど良い体格なので散歩も楽です。その中でもランキング上位の犬がコーギーです。コーギーは頭が良く物覚えが良いため飼いやすいからです。また日本犬として知られる柴犬は、忠誠心が高く飼い主には従順なのですが他人には懐かないので番犬向きでもあります。中型犬の中で人気が低いのは、性格的に気質が難しい犬種です。ビーグルは垂れ耳が可愛い犬ですが、無駄吠えするのでしつけが難しいです。牧羊犬として有名なボーダーコリーは賢い犬なのですが、その分しつけが難しく言うことを聞かない子に育つこともあります。

犬の種類の大型犬でランキングが上位は何犬?人気が低い大型犬は?

犬の種類の大型犬において、人気ランキングの上位にくるのはラブラドールレトリバーです。性格は非常に温和で、とても賢い傾向にあります。愛くるしい顔つきから、日本では大型犬の代表として幅広く支持されています。人間にもよくなつくので、一緒に遊んでいくうちに信頼関係を築き上げていくことができるでしょう。一方で人気が低いのは、グレートデンです。大型犬の中でも体高が高く、敷地の狭い日本では扱いにくいという問題があります。