ワントピ!

Just another WordPress site

other

犬が草を食べる理由や原因とは?犬が草を食べる時はどんな時?

投稿日:2019年6月14日 更新日:

散歩をしているときに犬が草を食べる時があります。

犬が草を食べる理由には様々なものがあり、草の匂いや噛み心地などが気に入っていたりお腹が空いている、胃に違和感があるときに吐くために食べるなどです。

犬によって全く食べないものもいれば、頻繁に食べるものもいますが、頻度が高い場合には病気などの関連性が疑われるので注意が必要です。

また、除草剤が撒かれているところや毒性の草が生えている場所で食べてしまったときは、吐かせて病院で診察を受けた方が良いです。

犬が草を食べる理由や原因とは?

芝生と犬

散歩をしている時や自宅の庭に居る時に、愛犬が草を食べてしまうということでお困りの飼い主の方はいませんでしょうか。犬が草を食べる理由にはいろいろあり、1つの原因に絞れてはいないようです。

考えられる理由の1つとして、胸やけや胃の不調などが起こしている時があります。嘔吐をしてしまったり餌の食べ過ぎなどといった理由から、草を食べて胃をすっきりさせたい時に食べているという説があります。

また、通常の食事でビタミンなどが不足していて、それを草を食べることにより補給しているという要因もあるようです。餌を食べる時にしっかりとした量をあげているのにまだ草を食べるといった時には、あげる餌の栄養バランスを考えてあげるようにしましょう。

その他、気持ちが滅入っている時に気分転換のために草を食べるという犬もいるようです。散歩をまだ続けたいのに帰り道に差し掛かっているということを察知して、このような行動をとり時間稼ぎをすることが目的であるとされています。

このように犬が草を食べる理由にはさまざまな要因が考えられ、それが必ずしも悪いこととは言えませんが、そのような草が生い茂っている所には、犬にとって有害な植物が生えている場合もあるので、先述のような原因を解消するような工夫をしてみましょう。

犬が草を食べる時は空腹状態の時?

犬が草を食べる理由は、単にお腹が空いていることが原因な場合も多くあります。ただし、犬が草を食べる時というのは、空腹以外にもさまざまな原因が考えられることが分かっています。

たとえば、空腹状態でなくとも単にその味が好きだったり、草が切れる時の音や感触を気に入り、遊びの一環で食べていることも多くあると言われいます。

また、ドッグフードから摂取できる栄養素が足らず繊維質やビタミン、ミネラルを本能的に補おうとしている場合もあるようです。そのような理由で食べているようであれば、あげる餌を見直すのが良いでしょう。

また、胸やけやお腹の不調からくる気持ち悪さをスッキリさせるべく、嘔吐を促すことを目的に草を食べることもあります。そのような行為は身体に悪いのではないかと不安を感じる方も多いかもしれませんが、そもそも犬は人と比較して頻繁に嘔吐する傾向にあります。

そのため、除草剤などが撒かれている場所でない限りそこまでその行為を問題視する必要はありません。

さらに、自分のやりたくないことを要求されたり帰りたくないのに帰ろうとしている状況に逆らうことを目的に草を食べることもあるようです。犬にとってはその行為に気持ちを紛らわす効果があるのかもしれません。

散歩中に犬に草を食べさせてもいいの?

散歩中に犬が草を食べる時がありますが、それ自体に問題はありません。犬が草を食べる理由として挙げられるものに胃の不快感があり、草を食べて嘔吐することでそれを解消します。

他にもお腹が空いていて空腹感を紛らわせるためであったり、その草の味や匂い・噛んだ感触などが好みである、ただ遊んでいるだけなど様々な理由で犬は草を食べます。

ただし、自由に食べさせても良いのかというと注意が必要なものもあるので、犬がどの草を食べようとしているのか散歩コースに生えている草を図鑑などで調べておくと安心です。

毒性のある草もあり、食中毒で動物病院に運ばれる犬も珍しいものではないからです。除草剤が散布されているところも危険なので近づけさせない方が良いでしょう。

有毒のものでなくても、食べ過ぎによって障害を起こす場合があるのでいつまでも食べ続けている場合には飼い主が引き離す必要があります。

なお、草を食べた後に数回嘔吐する程度であれば通常の状態なので心配ありませんが、何度も吐き続ける場合や血が混ざっている、下痢もするなどの症状が見られる場合は中毒を起こしている危険性があります。

痙攣したり泡を吹くなどの異常が見られる時も、早急に近くの動物病院を受診しましょう。

犬が草を食べて吐くのは病気にかかっているから?

犬は散歩中に排泄だけでなく他にも様々な行動をします。時々途中の草を食べることも見受けられますが、その後吐いたりすると驚いてしまうこともあるかもしれません。

しかし、犬が吐いたからといって慌てたりすぐに病気だと決めつけたりせず、まずは落ち着いて犬の様子をよく観察することが大切です。

犬が草を食べる理由は、人間と同じように胃がむかむかしたり胸やけを起こした時に、自力で改善しようとしているからです。草を食べることで刺激を与え吐き気を促し、吐き出すことで胃の中にあるものや胃酸を排出しています。

こうした余分なものや不快な原因となる体内の異物を出すため、草を食べ吐き出しているというわけです。そのため、吐いたにもかかわらずいつもと変わらない様子であったり、直後でもケロッとして元気な場合もあります。

そうした様子なら心配はいりません。犬が草を食べる理由を知らないと、吐いた場合はかなり驚いたり不安になってしまうものですし、食べてはいけない草だったかと慌ててしまいますがその必要はありません。

犬が草を食べる時は体調が思わしくない時であり、自力で回復しようとしているためで吐いても病気ではないのです。犬の本能的な行動であり、草を食べて吐き出すのも生理現象といえます。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

犬のできものでピンク色は病気?黒や白いできものは膿が溜まってる?

犬のできもので皮膚の病気にいぼや突起上の腫瘍のようなできものを目にすることが有りますが、ピンクで1㎝以内の場合は良性なので心配有りませんが、大きくなっていく場合には獣医さんの診察を受けましょう。黒や白い犬のできものは、普通のイボ(良性)と悪性の腫瘍も考えられますので獣医の診察を受けることが重要です。犬が痒くてひっかいたり、なめたりして細菌が入り膿が溜まったり、その部分から出血する場合も有りますが、この場合はひどくなる前に治療をすれば、短期間で治すことが出来ます。

2匹の犬

犬が食べてはいけない草花は何がある?また犬が食べてもいい植物は?

お部屋の中で放し飼いにしていたりお散歩中、犬が食べてはいけない草花は様々あるので注意が必要です。たとえば玉ねぎやアボカド・レーズンなどはキッチン周りにあります。何気なく飾っている観葉植物も有毒なものがあるのです。散歩中だとヒガンバナやユリなどが咲いているところでは食べてしまわないよう気を配ってやりましょう。逆に食べてもいい植物もあり、クマザサは胃の中に溜まった毛玉を吐き出すのに最適、カモミールにはダニやノミ対策にも効果があります。とりあえず、犬が植物を食べるのはストレスが溜まっている証拠だったりもするのでしっかり遊んでやってストレス発散させてやるのがおすすめかもしれません。

桶に入った子犬

犬の種類で飼いやすい犬ランキング上位とは?初心者向けの犬は何犬?

犬の種類で飼いやすい犬ランキングに入ってくる種類は複数ありますが、その中でも初心者向けとして人気なのがトイプードルです。非常に人懐こい犬種であり、頭が良いとされています。誠実であまり吠えないことも飼いやすい理由になっています。賢いとしつけがしやすくて教えたことをすぐに覚えてくれますし、毛が抜けにくいことも大事なポイントです。室内で飼育していると抜け毛が気になることも多いので、できるだけ少ない犬種を選ぶと良いようです。

寝る犬

犬が吐く原因はエサ?黄色や茶色の嘔吐物は病気の可能性あり?

犬を飼っていてびっくりするのが、意外と吐くことが多いという事です。具合が悪いのではないかと心配になってしまいますが、中には心配がないこともあります。犬が吐く原因にはエサを急いで食べたり、食べ過ぎや空腹によるものもあるからです。その後元気にしているなら心配は少ないでしょう。嘔吐物を見てみて、黄色や茶色になっているなど異変を感じるようであれば病気の可能性もありますので、動物病院に相談してみるのが良いでしょう。

犬がご飯を食べない理由や食べても吐く原因は病気の可能性あり?

犬がご飯食べない理由は様々あり、体調が悪くなくともただ単純にお腹が空いていなかったり、いつもと違う美味しい物を食べて通常出されるご飯に魅力を感じていないだけのわがままだったりと色々あるので暫く様子見で大丈夫です。ただ吐いてしまう場合は、回数と吐くスピードから病気の可能性が出てきますから、要注意です。例えば1日の間に2回以上吐き出してしまう場合や食事をしてすぐ吐いたりする時は、高い確率で愛犬の体内か食事自体に原因があるので、動物病院で診察を受けた方がいいです。