ワントピ!

Just another WordPress site

other

犬が草を食べる理由や原因とは?犬が草を食べる時はどんな時?

投稿日:2019年6月14日 更新日:

散歩をしているときに犬が草を食べる時があります。

犬が草を食べる理由には様々なものがあり、草の匂いや噛み心地などが気に入っていたりお腹が空いている、胃に違和感があるときに吐くために食べるなどです。

犬によって全く食べないものもいれば、頻繁に食べるものもいますが、頻度が高い場合には病気などの関連性が疑われるので注意が必要です。

また、除草剤が撒かれているところや毒性の草が生えている場所で食べてしまったときは、吐かせて病院で診察を受けた方が良いです。

犬が草を食べる理由や原因とは?

芝生と犬

散歩をしている時や自宅の庭に居る時に、愛犬が草を食べてしまうということでお困りの飼い主の方はいませんでしょうか。犬が草を食べる理由にはいろいろあり、1つの原因に絞れてはいないようです。

考えられる理由の1つとして、胸やけや胃の不調などが起こしている時があります。嘔吐をしてしまったり餌の食べ過ぎなどといった理由から、草を食べて胃をすっきりさせたい時に食べているという説があります。

また、通常の食事でビタミンなどが不足していて、それを草を食べることにより補給しているという要因もあるようです。餌を食べる時にしっかりとした量をあげているのにまだ草を食べるといった時には、あげる餌の栄養バランスを考えてあげるようにしましょう。

その他、気持ちが滅入っている時に気分転換のために草を食べるという犬もいるようです。散歩をまだ続けたいのに帰り道に差し掛かっているということを察知して、このような行動をとり時間稼ぎをすることが目的であるとされています。

このように犬が草を食べる理由にはさまざまな要因が考えられ、それが必ずしも悪いこととは言えませんが、そのような草が生い茂っている所には、犬にとって有害な植物が生えている場合もあるので、先述のような原因を解消するような工夫をしてみましょう。

犬が草を食べる時は空腹状態の時?

犬が草を食べる理由は、単にお腹が空いていることが原因な場合も多くあります。ただし、犬が草を食べる時というのは、空腹以外にもさまざまな原因が考えられることが分かっています。

たとえば、空腹状態でなくとも単にその味が好きだったり、草が切れる時の音や感触を気に入り、遊びの一環で食べていることも多くあると言われいます。

また、ドッグフードから摂取できる栄養素が足らず繊維質やビタミン、ミネラルを本能的に補おうとしている場合もあるようです。そのような理由で食べているようであれば、あげる餌を見直すのが良いでしょう。

また、胸やけやお腹の不調からくる気持ち悪さをスッキリさせるべく、嘔吐を促すことを目的に草を食べることもあります。そのような行為は身体に悪いのではないかと不安を感じる方も多いかもしれませんが、そもそも犬は人と比較して頻繁に嘔吐する傾向にあります。

そのため、除草剤などが撒かれている場所でない限りそこまでその行為を問題視する必要はありません。

さらに、自分のやりたくないことを要求されたり帰りたくないのに帰ろうとしている状況に逆らうことを目的に草を食べることもあるようです。犬にとってはその行為に気持ちを紛らわす効果があるのかもしれません。

散歩中に犬に草を食べさせてもいいの?

散歩中に犬が草を食べる時がありますが、それ自体に問題はありません。犬が草を食べる理由として挙げられるものに胃の不快感があり、草を食べて嘔吐することでそれを解消します。

他にもお腹が空いていて空腹感を紛らわせるためであったり、その草の味や匂い・噛んだ感触などが好みである、ただ遊んでいるだけなど様々な理由で犬は草を食べます。

ただし、自由に食べさせても良いのかというと注意が必要なものもあるので、犬がどの草を食べようとしているのか散歩コースに生えている草を図鑑などで調べておくと安心です。

毒性のある草もあり、食中毒で動物病院に運ばれる犬も珍しいものではないからです。除草剤が散布されているところも危険なので近づけさせない方が良いでしょう。

有毒のものでなくても、食べ過ぎによって障害を起こす場合があるのでいつまでも食べ続けている場合には飼い主が引き離す必要があります。

なお、草を食べた後に数回嘔吐する程度であれば通常の状態なので心配ありませんが、何度も吐き続ける場合や血が混ざっている、下痢もするなどの症状が見られる場合は中毒を起こしている危険性があります。

痙攣したり泡を吹くなどの異常が見られる時も、早急に近くの動物病院を受診しましょう。

犬が草を食べて吐くのは病気にかかっているから?

犬は散歩中に排泄だけでなく他にも様々な行動をします。時々途中の草を食べることも見受けられますが、その後吐いたりすると驚いてしまうこともあるかもしれません。

しかし、犬が吐いたからといって慌てたりすぐに病気だと決めつけたりせず、まずは落ち着いて犬の様子をよく観察することが大切です。

犬が草を食べる理由は、人間と同じように胃がむかむかしたり胸やけを起こした時に、自力で改善しようとしているからです。草を食べることで刺激を与え吐き気を促し、吐き出すことで胃の中にあるものや胃酸を排出しています。

こうした余分なものや不快な原因となる体内の異物を出すため、草を食べ吐き出しているというわけです。そのため、吐いたにもかかわらずいつもと変わらない様子であったり、直後でもケロッとして元気な場合もあります。

そうした様子なら心配はいりません。犬が草を食べる理由を知らないと、吐いた場合はかなり驚いたり不安になってしまうものですし、食べてはいけない草だったかと慌ててしまいますがその必要はありません。

犬が草を食べる時は体調が思わしくない時であり、自力で回復しようとしているためで吐いても病気ではないのです。犬の本能的な行動であり、草を食べて吐き出すのも生理現象といえます。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

犬と子供

犬が手をナメる理由や噛む行動は飼い主への愛情表現って本当?

犬が飼い主を甘く噛むとか犬が手をナメる理由は愛情表現だと言われています。もちろんその行動には愛情表現ということもありますが、赤くなるまで自分の足をナメているようなときは、構って欲しいということも考えられます。また退屈しのぎにそんな行動を取ることもあります。でも心配なのは体の何処かが痛いとか痒くてナメていることもありますので、ずっと同じ場所をナメているときは、一度そこに異変がないか確認するようにしてください。

人の顔を舐める犬

犬が顔をペロペロする理由や飼い主の顔を舐める理由や気持ちとは?

犬が顔をペロペロする理由は、気持ちを落ち着かせる意味があります。それは子犬の頃に母犬からしてもらった毛づくろいに由来しており、舐められるとリラックス効果を得られることを成犬になってからも覚えているからです。また、飼い主の顔を舐める理由は愛情を抱いていることが理由になります。一緒に遊んでくれる・餌をくれる飼い主を信頼しているという気持ちを込めて舐めます。犬にとって舐める行為はコミュニケーションの中でとても重要な意味を込めているといえます。

犬の鳴き声の苦情対策の方法はある?酷い鳴き声は警察に通報される?

犬の鳴き声の苦情対策は、無駄吠えをしないようにしつけをすることが重要なポイントです。鳴き癖が付いてしまうと、無駄吠えがどうしても増えてしまうことから、近隣に迷惑をかけてしまうことに繋がります。あまりに無駄吠えがひどい場合、警察に通報されてしまうことがあるので、ご近所迷惑を考えて小さなうちから無駄吠えをしないように対策を打つことが何よりも大切です。どうしても治らない場合には、しつけ教室に通わせるのも一つの方法です。

犬の血便はストレスが原因だった?嘔吐や食欲不振が続くと危険?

犬の排泄物は、健康を知るためのバロメーターとも言われています。では犬の血便は、何を意味しているのかというとストレスを感じていることが原因です。人間も肉体が精神に影響されることがありますが、犬も同様です。過度のストレスで胃や腸などの消化器官に問題が出てくる事がよくあります。ですから、犬の血便だけでなく、嘔吐や食欲不振といった症状もストレスを感じているサインとして考えられるので、長く続いているときには治療が必要な状態に陥っているかもしれません。すぐに病院で獣医師に診てもらうべきです。

ギネスのロゴマーク

犬の年齢でギネス世界記録に載っている長寿犬の年齢や犬種とは?

ギネス世界記録に登録されている長寿犬は、オーストラリアのビクトリア州で牧羊犬として生きたオーストラリアン・キャトル・ドッグのブルーイとなります。オーストラリアン・キャトル・ドッグという犬種は特殊な牧羊犬で、牛の誘導を主にしているのが特徴的です。通常、この犬の年齢は13歳から15歳までが寿命とされています。ブルーイは1910年から1931年までの記録があるため、年齢は29歳と5か月という長生きぶりです。