ワントピ!

Just another WordPress site

other

犬の鳴き声の苦情対策の方法はある?酷い鳴き声は警察に通報される?

投稿日:2019年6月14日 更新日:

犬の鳴き声の苦情対策は、無駄吠えをしないようにしつけをすることが重要なポイントです。

鳴き癖が付いてしまうと、無駄吠えがどうしても増えてしまうことから、近隣に迷惑をかけてしまうことに繋がります。

あまりに無駄吠えがひどい場合、警察に通報されてしまうことがあるので、ご近所迷惑を考えて小さなうちから無駄吠えをしないように対策を打つことが何よりも大切です。

どうしても治らない場合には、しつけ教室に通わせるのも一つの方法です。

犬の鳴き声の苦情対策は何か方法がある?

吠える犬

飼い犬はペットというよりも家族の一員だと考える飼い主が多いので、犬の鳴き声をうるさいと感じるところが愛しいと考えることが多いです。

しかしそれが家族だからそう考えるのであって、他人からすると犬の鳴き声がうるさくて、普段の生活に支障が出ると苦情を言いたくなることがあります。

実際に直接苦情を言われたり、警察や弁護士に相談して改善をしてほしいと依頼されることも少なくありません。騒音というのは、うるさいとその人が感じたのであれば、飼い主としては出来る限りの対策をすることが必要です。

対策方法としては、犬の鳴き声を極力小さくするように努力することが第一です。家の外に犬小屋があるときは、吠えないように訓練を受けさせることも有効ですし、室内で飼っているときは二重窓にするなど防音設備を整えることもおすすめします。

飼い主としてできうる限りの防音対策をしても苦情が続くようであれば、それは過度な反応をされている可能性があるので、こちらも弁護士を雇って騒音被害に該当するのかを調査してもらうという方法があります。

その上で、騒音に該当しないようであれば、正々堂々と苦情を受けても弁護士に対応をしてもらうなど、冷静に対処をすることが大事です。

犬の鳴き声はしつけで治せる?

人間が兄弟でも性格が異なるように、犬も同じ母親から生まれた事例でも吠えやすい個体と吠えにくい個体に分かれています。

吠えやすい個体に関しては、1歳を迎えるまでの間に身を置いていた環境により吠えやすく成長するので、鳴く頻度が高まり犬の鳴き声による苦情も届きやすくなります。

特に犬の鳴き声が顕著になるのは、散歩に行きたい気持ちや食べ物を食べたくなった時などの欲求が強まったタイミングです。

つまり、よく鳴く犬というのは1歳までの間に欲求が高くなった際、我慢をせずに求めている事が実現しやすい環境下で生活をして育ったという事例が多いため、鳴きやすい犬を吠えにくくさせるには我慢をさせるという事を身に付けさせてあげましょう。

犬が食事やおやつを食べたくなったり散歩に行きたい気持ちが強くなり始めて犬の鳴き声が目立ち始めた場合、すぐに要求に応じるのではなく意識を向けないようにする事が大切です。

飼い主においても愛犬の鳴き声が聞こえているのにも関わらず意識を向けないようにするという事は根気を要する事ですが、犬の鳴き声が聞こえてきた段階ですぐに対応していると良い変化が得られないません。

ある程度我慢をさせた上で求めている要求に応じるようにすると我慢をする事を覚え、結果的に苦情を受ける事も無くなります。

犬の鳴き声がうるさすぎると警察に通報される?

犬の鳴き声があまりにもうるさいと、近隣の住民から警察に通報される可能性もあります。飼っている人にとっては可愛い犬で、少しくらい吠えても気にならないという場合でも、周りの人の感じ方は違います。

静かに過ごしたい人もいるでしょうし、何か集中して取り組まなければならない時に邪魔になるというケースもありますので、吠え癖のある犬を飼っている人は苦情が入らないようにしっかりと対処することが大切です。

どのような時に吠えるかはそれぞれ異なり、餌が欲しい時、散歩に行きたい時、構って欲しい時など色々あります。自分の欲求が満たされないと長時間吠え続ける犬もいて、一晩中というケースもあるようです。

そうなると周りに多大な迷惑をかけることになりますので、しつけを徹底するように心掛けることが重要です。しつけを始めてもすぐに成果が出るとは限りませんので、住居の防音対策を取ることも同時に行う必要があります。

防音対策が万能というわけではありませんが、軽減できることは確かですので、何もしないよりは良いと言えます。また、苦情を入れた相手が分かっている時には、その相手に対して誠意を持って対応することも忘れてはいけません。誠意を示すことが問題解決につながります。

犬の鳴き声でご近所とトラブルは多い?

犬の鳴き声が原因で近所から苦情が出ることがあります。昼間はあまりないかもしれませんが、夜になると犬が吠えることもあり眠れないといった苦情を受けるケースがあるでしょう。

シーズンによっては遠吠えすることもあるので、近所迷惑にならないよう注意が必要です。犬が激しくなくにはいろいろな理由があり、見知らぬ人を警戒して吠えることもありますが、夜になると吠えるというのは寂しがっていることもあります。

外で飼育している子に多く、家の中に入れると鳴くのをやめる子も中にはいます。犬が鳴くのは何かしらのストレスを感じていることが多いので、リラックスできるような環境を作ってあげると良いでしょう。家の中ではおとなしいのに、外に出るとよく鳴く子もいます。

警戒心から攻撃的になる子が多いので、家の中にいれてあげたり夜だけ玄関で寝られるようにするとましになることが多いです。お菓子などをあげると泣き止む子もいますが、吠えればお菓子をくれると思ってしまうかもしれないので注意が必要です。

ご近所とのトラブルの元になる可能性が高いので、日頃からの犬のしつけは大切です。毎日スキンシップをしたり、きちんとしつけすることによってトラブルを回避することができます。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

犬を飼って後悔した理由は何?犬を飼って後悔するのはありがちなの?

犬を飼って後悔した理由というと、亡くなったときの喪失感からなかなか抜け出せないというケースが見られます。その他は、旅行に自由に行くことが出来ないという人は少なくありません。ペットホテルに毎回預けると費用がかさんでしまいますし、ありがちなのがしつけが上手くいかなくてお互い生活のストレスになってしまうということも少なくないです。後悔しないように、自分の生活のリズムや経済的な事を考えて計画的に飼うようにしましょう。

犬の年齢の平均寿命はどれくらい?長生きしてもらう方法はある?

犬種全体で見ると犬の平均寿命は13歳程度と言われています。犬種によって寿命は違い、一般に大型犬よりも小型犬の方が寿命が長くなる傾向があります。近年ではドッグフードの品質向上や動物医療の発展によって、平均的な犬の年齢は延びつつありますが、長生きをさせる方法を知ることでさらなる寿命の延長に期待ができるでしょう。例えばストレスを軽減してあげることが大切です。十分な散歩や飼い主との遊び、生活環境の改善などを心掛け、快適な暮らしを送れるよう配慮することが必要不可欠です。

犬が草を食べる理由や原因とは?犬が草を食べる時はどんな時?

散歩をしているときに犬が草を食べる時があります。犬が草を食べる理由には様々なものがあり、草の匂いや噛み心地などが気に入っていたりお腹が空いている、胃に違和感があるときに吐くために食べるなどです。犬によって全く食べないものもいれば、頻繁に食べるものもいますが、頻度が高い場合には病気などの関連性が疑われるので注意が必要です。また、除草剤が撒かれているところや毒性の草が生えている場所で食べてしまったときは、吐かせて病院で診察を受けた方が良いです。

犬が掘る仕草の意味はストレスが原因?掘る行動をやめさせるには?

犬が掘る仕草の意味はいくつかありますが、その中の原因の一つがストレスです。野生の犬には本来、本能として掘る行動が備わっています。犬種によって性格は様々ですが、中には遊び心を持って掘る行動をしている犬もいます。一方でペットで飼われている犬の場合は、ストレスによりこの行動を起こしている場合も多いです。やめさせる方法として有効なのが、原因となるストレスを取り除くことです。散歩に連れて行っていない場合には、連れて行くことで気持ちを和らげて上げることができます。

犬の血便はストレスが原因だった?嘔吐や食欲不振が続くと危険?

犬の排泄物は、健康を知るためのバロメーターとも言われています。では犬の血便は、何を意味しているのかというとストレスを感じていることが原因です。人間も肉体が精神に影響されることがありますが、犬も同様です。過度のストレスで胃や腸などの消化器官に問題が出てくる事がよくあります。ですから、犬の血便だけでなく、嘔吐や食欲不振といった症状もストレスを感じているサインとして考えられるので、長く続いているときには治療が必要な状態に陥っているかもしれません。すぐに病院で獣医師に診てもらうべきです。